国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する野口聡一さん(45)の宇宙滞在期間が15日夜、日本人最長を記録した。
 宇宙航空研究開発機構によると、従来の最長滞在記録は若田光一さん(46)。3回にわたる宇宙飛行で通算159日10時間46分だったが、野口さんは日本時間15日午後8時6分、これを抜いた。
 野口さんは6月2日に帰還する予定。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
お帰りなさい、山崎さん=25日まで一時帰国
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業

逮捕から15年 オウム儀式やめぬ教団 はびこる「麻原彰晃」(産経新聞)
電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?(産経新聞)
<掘り出しニュース>ゴリラ研究科×狂言師が“異色”コラボ ゴリラ題材の新作狂言披露(毎日新聞)
警察官舎に赤旗配布 2審も有罪 同種事件、判断分かれる(産経新聞)
<独法>29健保で職員厚遇 保険料負担を軽減(毎日新聞)