京都府宇治市の学習塾で2005年、小学6年堀本紗也乃さん=当時(12)=が塾講師の男(27)=殺人などの罪で服役中=に刺殺された事件で、紗也乃さんの両親が塾を経営する「京進」(京都市)の使用者責任などを問い、約1億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(松本清隆裁判長)は31日、同社に約1億円の支払いを命じた。
 松本裁判長は塾側の使用者責任を認め、「講師の使用者である塾が、講師が負うべき損害賠償額と同額の責任を負うことはやむを得ない」と指摘。京進側の「女児殺害計画に気付くことは困難で、故意に罪を犯した講師とは責任が異なる」などとの主張を退けた。 

【関連ニュース】
死因は出血性ショック=男性刺殺、捜査本部設置
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判
背中の傷、肺まで到達=現場から包丁発見-3人死傷放火・岡山県警
島根女子大生殺害に懸賞金=有力情報最高300万円
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕

石井浩郎氏初演説は聴衆8人 寒風の中街頭デビュー(スポーツ報知)
公安委員長女性スキャンダル 首相「調査を指示」(産経新聞)
<普天間移設>県内2案提示へ 一部「県外」とセット(毎日新聞)
<2歳長男虐待死>母親に懲役7年の実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
頭部ない女性の全裸遺体、スーツケースに(読売新聞)