埼玉県加須市のピザ職人・赤荻一也さん(28)が、米ラスベガスで3月に行われた「ピザ世界コンテスト」で、生地を指先で回し続けるロンゲストスピン部門2連覇を成し遂げた。

 前回大会のロンゲストスピン部門で、3分25秒の大会新記録で日本人として初めて優勝した赤荻さん。しかし、今回大会では、前回準優勝だったシングルアクロバット部門が5位、生地を回してその大きさを競うグランディ部門では予選落ちしてしまった。

 最終日のロンゲストスピン部門では、練習などで指先が切れ、傷口が痛む最悪のコンディション。「かなり落ち込んでいた。予選では手が震えていた」

 それでも、3分15秒の好タイムで予選を1位で通過。3人で争われた決勝では、2位の2分45秒を大きく上回る4分15秒となり、自分自身の大会記録を塗り替えての連覇となった。「埼玉県民から送ってもらった応援メッセージ入りの国旗を見て、緊張感が解け、リラックスできた。優勝したときには、涙が出そうなくらいうれしかった」と言う。

 現在、同県熊谷市本石の熊谷サティにあるイタリア料理店「オリーヴァ熊谷店」と「アロマヴィータ・イオンモール羽生店」のピザ担当責任者を務める。今回と前回の金メダルと盾は、来店者に気軽に触れてもらおうと、熊谷店に飾られている。赤荻さんは「3連覇を目指して練習を積みたい」と話していた。

花見 好天も後押し東山動植物園に3万5500人 名古屋(毎日新聞)
電気自動車、成長戦略の柱に=古川国家戦略室長(時事通信)
自立援助ホーム 「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
<全国知事会議>外国人への地方選挙権付与 賛否表明見送り(毎日新聞)
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か-福岡県警(時事通信)