愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、県警豊川署は7日、岩瀬一美さん(58)に対する殺人容疑などで送検された長男の高之容疑者(30)が5人を刺した後に自宅に放火したとして、現住建造物等放火容疑で再逮捕した。一方、名古屋地検豊橋支部は同日、一美さんとめいの金丸友美ちゃん(1)への殺人容疑などについて、高之容疑者を処分保留とした。今後、高之容疑者の精神状態を調べるための鑑定留置を申請する見通し。

 再逮捕容疑は4月17日午前2時20分ごろ、自宅2階の自室の布団にライターで火をつけ、2階部分約45平方メートルを半焼させたとしている。同署によると、高之容疑者は「家も燃えてしまえと思った」などと容疑を認めているという。【山口知】

【関連ニュース】
豊川一家殺傷:父の給料管理は容疑者の自立目的
豊川一家殺傷:長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ
愛知5人殺傷:長男、対人関係苦手なまま大人に
愛知5人殺傷:めい殺害容疑で再逮捕
愛知5人殺傷:長男を殺人容疑で再逮捕へ めい殺害で

鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工 死体遺棄事件で捜査 (産経新聞)
「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
風俗の女性に勧められ…エリート教頭がハマった「背徳の世界」(産経新聞)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)