長妻昭厚生労働相は30日、介護従事者の給与について「ほかの産業に比べ、まだ高くない現状もある」とした上で、「介護報酬の中で(引き上げを)検討していく必要がある」と述べ、2012年度の次期改定で介護報酬増額を目指す考えを示した。東京都国分寺市内で記者団に語った。
 その上で「(介護報酬を)上げ過ぎると(サービス利用者の)自己負担や保険料に跳ね返ってくる」と指摘。このため、介護職員のみを対象としている11年度末までの処遇改善交付金についても「一過性で終わらせず、恒久的に措置していきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~資金の出所隠す経理操作?~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
豪華絢爛山形のひな人形1000体展示(産経新聞)
小沢氏事件で首相「検察の解明待つのが肝要」 参院代表質問(産経新聞)
秋葉原殺傷 加藤被告、起訴内容認める 東京地裁で初公判(毎日新聞)