自民党の谷垣禎一総裁は31日の党首討論で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場の移設問題を5月末までに解決できなかった場合、「日米間の信頼も決定的に損なわれる。そのときは首相は退陣しなければならない。退陣しなければ信を問わなければならない」と述べ、内閣総辞職か衆院の解散・総選挙を求めた。

【関連記事】
鳩山首相、普天間移設「最終的に5月末までに…」
社民、国民新両党がホワイトビーチ沖案に反対 普天間移設問題
普天間移設で首相、政府案の月内一本化は困難との認識
普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」
「ヘリ部隊2カ所程度に分散を」普天間移設で防衛相
あれから、15年 地下鉄サリン事件

高校授業料無償化法案、きょう成立(読売新聞)
坂本龍馬像 迫力、展望台で大接近…高知(毎日新聞)
<シー・シェパード>抗議船長を傷害容疑などで追送検へ(毎日新聞)
鳩山首相、与謝野氏離党「自民党さんも大変だなあ」(産経新聞)
「密約」文書一部破棄、参考人が究明求める(読売新聞)