2006年6月に新任2カ月で自殺した東京都新宿区立小学校の女性教員=当時(23)=について、地方公務員災害補償基金東京都支部審査会が公務災害を認めたことが5日、分かった。審査会は、学校側の支援が不十分で強度の精神的ストレスが重なったと判断した。
 審査請求していた両親らが記者会見して明らかにした。代理人の川人博弁護士は「新任教員の自殺が公務災害と認められたのは珍しい。同様の事案の認定に影響するだろう」と評価した。
 父親は「信頼し合える同僚との関係があれば、こんな悲劇は起きなかった。若い先生を支えるシステムをつくってほしい」と訴えた。 

【関連ニュース】
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件
「警官で試みた探偵小説」=直木賞の佐々木譲さん
県立病院職員、自殺は労災=「ストレスで症状悪化」
負傷男性は自殺未遂か=新宿駅地下街
岩手県警幹部を逮捕=生安部ナンバー2兼地域課長

<NHK>強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に(毎日新聞)
<みんなの党>じわじわと人気…支持率「野党第2党」(毎日新聞)
324政治団体が不動産保有=陸山会が突出9億円-総務省調査(時事通信)
1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目-福岡高裁支部(時事通信)
日米密約 「文書公開が一番の意義」 有識者委会見(毎日新聞)