宮城県石巻市の民家で2月、南部美沙さん(20)ら3人が殺傷され、美沙さんの妹(18)が一時連れ去られた事件で、宮城県警は21日、「もう一歩踏み込んだ対応や措置を取ることで、最悪の事態を回避できた可能性も否定できない」とする検証結果を県議会文教警察委員会で報告した。

 事件では、妹が元交際相手の少年(18)に度々暴力を受け、警察に12回相談。警察の説得で、妹は事件当日に被害届を出す予定だった。委員会で竹内直人県警本部長は「被害者が未成年者の場合は、親族を介して被害届を提出させたり、親権者が告訴・告発できるとの説明も必要」と述べた。

 一方、仙台家裁(鈴木桂子裁判長)は21日、殺人などの非行内容で送致された少年を仙台地検に検察官送致(逆送)すると決定した。決定によると、少年は2月10日午前6時40分ごろ、美沙さんら2人を刺殺し、もう1人に重傷を負わせ、美沙さんの妹を車で連れ去ったなどとしている。

 付添人弁護士によると、少年は殺人の非行内容を認める一方、連れ去ったのは故意ではないと話しているという。

【鈴木一也、比嘉洋】

【関連ニュース】
石巻2人刺殺:17歳少年を逆送…仙台家裁決定
石巻3人殺傷:元解体工の少年らを家裁へ送致 逆送求める
宮城・石巻の2女性刺殺:17歳少年逆送、仙台家裁決定
宮城・石巻の2女性刺殺:2少年を家裁送致
石巻の2女性刺殺:2少年の観護措置、家裁が2週間延長 /宮城

<箱館ハイカラ號>今季も運行 北海道(毎日新聞)
<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)
次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)
豪雨で行方不明、ランドセル8か月ぶり発見(読売新聞)
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)