忙しさから「来ないほうが好都合」と月経不順を見過ごし、放置してしまう女性が目立つ。だが、月経周期は女性にとって心身の健康状態をうつすバロメーター。月経不順の原因はストレスなどが主に知られるが、冬は特に「冷え」にも注意が必要だ。月経のリズムを維持するには何に気をつければよいのか。東京慈恵会医科大学(東京都港区)の古賀実芳医師に聞いた。(津川綾子)

 ◆3割が経験者

 東京都世田谷区に住む女性会社員(33)は一昨年末、実家に帰省するまでの3カ月間、月経が来ていないことに気付かなかった。「仕事が忙しく、体に気が回らなかった」

 忙しさのあまり、月経不順を見過ごす女性は少なくない。ロート製薬(大阪市生野区)が昨年8月、20~50代の女性800人に「月経」について聞いたところ、29%が月経不順の経験があると回答。「来ないと気楽」(34%)、「1カ月程度なら来なくても気にならない」(13・3%)などの声もあり、75・4%が「月経は面倒」ととらえていた。

 東京慈恵会医科大学漢方外来の古賀実芳医師は「月経不順は体が不調を訴えるサインなのに、むしろ都合がよいように考えて無視する人があまりに目立つ。体の訴えを意識して」と注意を呼びかける。

 ◆夜遊びは禁物

 月経不順につながる原因は何か。正常な月経周期は個人差があるが、一般的には25~38日周期で、周期変動が6日以内とされる。早まったり遅れたり期間が安定しないのが月経不順。冬は特に「冷え」が原因で遅れるケースがあり、注意が必要だ。

 古賀医師は「体はよくできていて、冷えると体温を保つために月経を止めて熱を出さないようにする」。冷えを治せば月経不順が改善に向かうというわけだ。

 では、この時期の注意点は-。

 「夜中に遊び歩かず、睡眠時間をしっかり取るように意識してほしい」と古賀医師。最近の女性に目立つ薄着のファッションも「見た目にも寒く、体も冷える。腹巻きやスパッツなどを足して」とアドバイスする。

 また、胃が冷えて消化吸収が弱くなると、月経が長引く場合がある。冷たい牛乳を飲むときはショウガシロップを加えるというように、ショウガやニンニク、シナモン、サンショウなど体を温める香辛料を活用して胃を温めるとよい。

 ただ、大幅な月経の遅れは病気の兆候の場合がある。あまりに月経が遅れると卵巣や脳下垂体の機能異常の可能性があるので、3カ月以上月経がない場合は早めの受診が必要だ。

                   ◇

 ■基礎体温表も楽チン

 月経のリズムを把握するなら、基礎体温表につけるのがおすすめだ。ウーマンコム(福岡市博多区)の「基礎体温表」(kisotaion.web-db.ws/)は携帯電話のメールで基礎体温の数字を送信すれば自動的に記録。推定排卵日をメールで教えてくれる機能もある。

 花王(東京都中央区)もスタイリッシュなイラスト付き基礎体温表をホームページ(www.kao.co.jp/laurier/original/)で公開。無料で印刷して使える。

篠山紀信氏 公然わいせつ容疑で書類送検 路上で裸体撮影(毎日新聞)
篠山紀信さん違法性認める=公然わいせつ容疑で書類送検へ-屋外ヌード写真集撮影(時事通信)
小沢氏の土地購入 首相、疑義示す/前原氏「政治資金での購入」を批判(産経新聞)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)
外国人参政権への反対明言=亀井氏(時事通信)