菅直人副総理兼財務相は24日の予算成立を受けた会見で、財政再建に向けた数値目標や工程を定めた「財政健全化法」の今国会提出を検討すると述べた。11年度から3年間の歳入・歳出の骨格を示す「中期財政フレーム」と、財政再建の道筋を示す「財政運営戦略」を6月に策定するのを受け、国会での議論を通じた超党派での目標共有を目指す。

 菅財務相は、健全化法に盛り込む内容について「これから検討する」と明言を避けたものの、新たな施策を実施する場合にはその経費を上回る財源を安定的に確保する「ペイ・アズ・ユー・ゴー原則」や、プライマリーバランス(基礎的財政収支)、公的債務残高の対国内総生産(GDP)比率の数値目標などを「中期財政フレームで考えなければならない課題」と例示。自民党が参議院に財政健全化責任法案を提出したことに触れ、「国民的な超党派の場で議論することが、国難とも言える状況には必要ではないか」と述べ、与野党協議を提起する考えを明らかにした。

 財政健全化を目指す法律では、97年に橋本政権が財政構造改革法を策定したが、アジア通貨危機などを受けて翌年に停止、凍結に追い込まれた。菅財務相は「経済が変動した場合の柔軟対応が盛り込まれていなかった」と述べ、経済実勢に合わせた実現可能な内容を検討する考えを示した。【坂井隆之】

【関連ニュース】
郵政改革:消費税減免「聞いてない」…菅財務相
菅財務相:雇用対策を強調
民主東京都連:菅副総理の会長辞任決める
菅財務相:日銀と懇談の場を…デフレ対策で連携強化へ
沖縄返還:無利子預金認める 菅副総理「米通知で判明」

「贋作」描いた画家に無罪=「自白信用できず」-頼まれ東山作品など―岡山地裁支部(時事通信)
<秋篠宮さま>ラオスへ出発 28日に帰国(毎日新聞)
<社民>同意人事の対応に苦慮 政府は事前調整に否定的(毎日新聞)
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で-小沢環境相(時事通信)
同意人事、決定手続き見直しを=社民党首(時事通信)