全国老人福祉施設協議会は1月28日の午前10時から、千葉市の幕張メッセで、経済産業省の協力の下、「近未来の介護サービス―ロボットによる介助」と題して市民公開フォーラムを開く。

 同フォーラムは、「第66回全国老人福祉施設大会・千葉大会」(26-28日)の一環として開かれる。当日は、経産省の担当者が「生活支援ロボット実用化の課題」と題して介護ロボット開発の状況などを説明するほか、ロボットの実演も行われる。


【関連記事】
「介護・福祉に光が差した一年」―09年回顧と10年の展望 全国老人福祉施設協議会・中田清会長
「サービスの質は介護職員の力で高まる」―全老施協シンポで中田会長
介護の作文・写真コンテストで作品募集‐全老施協
看護職の9割が介護職の喀痰吸引に賛成―全老施協調査
全老施協、中田会長代行が新会長に

天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
犬に「住民票」発行 東京・板橋区(産経新聞)
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに(産経新聞)
総予算215兆円に膨張=来年度案を国会提出-政府(時事通信)
菅家さん「謝って」元検事「深刻に受け止め」(読売新聞)