神奈川県警青葉署は20日、日本体育大学の男子学生の衣類を繰り返し盗んでいたとして、横浜市青葉区すみよし台、アルバイト三田宗広被告(24)を窃盗容疑で横浜地検に追送検した。

 発表によると、三田被告は2008年9月~09年11月、同じアパートに住む同大サッカー部の男子学生(21)の部屋に計約10回侵入し、ジャージーやTシャツなど約50点を盗んだ疑い。

 同署幹部によると、三田被告は昨年11月、同区にある同大水泳部の合宿所からTシャツなどを盗んだ疑いで現行犯逮捕され、起訴されている。三田被告の自宅から同大生のジャージーなど約150点が見つかり、同署が余罪を調べていた。

 三田被告は「スポーツをしている男の子が好きで、特に日体大のスポーツ選手に興味があった」と供述しているという。

「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
改正薬事法、漢方薬の郵送販売禁止 嘆く利用者 店主危機感(河北新報)
<鳩山首相>「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言(レスポンス)
<千葉大生殺害>前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述(毎日新聞)