育児が困難な親が匿名で乳児を託せる慈恵病院(熊本市)の「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)が10日で運用開始から3年となり、同病院が同日、記者会見した。蓮田太二理事長は「救われた赤ちゃんが幸せに暮らしている。やって良かったという思いでいっぱい」と振り返った。
 一方、実際にポストの運営を担当する田尻由貴子看護部長は、望まない妊娠などで育児が困難ながら出産間近など、緊急の対応を要する相談もいまだに全国からあるとした上で、「公的な相談体制はまだ不十分。全国の相談を一民間病院が担っていいのか。それぞれの自治体に真剣に考えてほしい」と述べた。
 赤ちゃんポストには開設から昨年9月までに51人が預けられた。親からの連絡などで39人の身元が判明、うち7人が元の家庭に引き取られた。 

桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏(時事通信)
着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)
巨人元内野手の中畑清氏擁立へ たちあがれ日本(産経新聞)
<横須賀線>女性はねられ死亡 5万人に影響(毎日新聞)
美容と健康に効く!“真っ黒メニュー”が登場(産経新聞)