神奈川県茅ケ崎市に住む市立中学校元教諭(49)が酒気帯び運転で懲戒免職にされたのは違法として、処分取り消しを求めた訴訟の判決が27日、横浜地裁であり、深見敏正裁判長は処分取り消しを言い渡した。
 深見裁判長は「元教諭は長年にわたり勤務実績良好な職員」とした上で、処分は裁量権の乱用と認定した。 

【関連ニュース】
免職取り消し訴訟で控訴=阿久根市
4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も
飲酒運転で人身事故、巡査逮捕=対向車と衝突、2人重傷
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け

<Rikejo>理系女子を応援 先輩に悩み相談も 携帯、PC、会員誌も 7月から講談社(毎日新聞)
<3カ月予報>5~7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
猿橋賞に高橋奈良先端大教授=体形成の仕組みで先駆的研究(時事通信)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
福祉用具レンタル、9割がリピーター(医療介護CBニュース)