防衛省統合幕僚監部は15日、2009年度に領空侵犯の恐れのある外国機に対して航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)を実施した回数が、299回だったと発表した。

 過去10年では07年度の307回に次いで多く、国・地域別では、ロシア機への緊急発進が197回、中国が38回、台湾が25回だった。特に、太平洋や日本海を九州・沖縄付近まで長距離飛行するロシア機の動きが目立った。昨年4月に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には、北朝鮮機と推定される航空機に対して8回の緊急発進を行った。299回すべて領空侵犯はなかった。

参院選マニフェストで議論を開始―民主党第一分科会(医療介護CBニュース)
山田・杉並区長、参院選出馬は明言せず(読売新聞)
水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑-東京高裁(時事通信)
消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も-仙谷国家戦略相(時事通信)