虐待や貧困のため家庭で暮らせない子供が里親と暮らす施設「子どもの村福岡」の開村式が24日、福岡市西区今津であった。世界132カ国で児童福祉に取り組む非政府組織(NGO)「SOSキンダードルフ」(本部・オーストリア)の支援で、家庭的な養育環境と小児科医ら専門家による支援体制の両立を目指す、日本で初の試みだ。

 同村は、育親と呼ばれる里親と子供が暮らす一戸建て住宅5棟と、責任者(村長)や専門的ケアにあたるスタッフがいる「センターハウス」などからなる。土地は福岡市が年間71万円で貸与し、敷地面積は約3500平方メートル。定員は里親が最大5人、子供は同25人で、既に3人の女性里親と児童相談所から委託された1~5歳の男女3人が暮らしている。【夫彰子】

【関連ニュース】
虐待:6歳の男の子が脳内出血で重体 義父を逮捕 三重
虐待:5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑
福岡3歳児虐待:31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑
北海道4歳児虐待死:否認の男に懲役8年 旭川地裁判決
虐待:3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多

「再生医療製品」の迅速な実用化で議論開始―厚労省(医療介護CBニュース)
コイも受難、火山噴火で渡欧できず(読売新聞)
<ジオス>勧められ一括払い 娘に注意むなしく(毎日新聞)
「新党改革」旗揚げ=舛添氏ら6議員(時事通信)
県民大会「民意の表れ」=普天間の危険除去強調-鳩山首相(時事通信)