さいたま市立病院(村山晃医院長)は26日、大腸炎を引き起こす細菌「クロストリジウム・ディフィシル(CD)菌」の感染症で男性患者が死亡したと発表した。この患者が入院していた病棟で、ほかに7人がCD菌に感染しており、院内感染の可能性もあるとみて調査している。
 病院によると、死亡したのは脳出血の手術をした同市に住む71歳の男性。17日にCD菌の感染が見つかり、18日夜にCD菌感染症により引き起こされた敗血症で死亡した。ほかに感染した7人のうち6人は下痢の症状が出ているが、重症者はおらず、ほとんど快方に向かっているという。 

国公立大の倍率上昇、4・9倍に 不況の影響か(産経新聞)
外相、シェパード取り締まり要請…豪首相は消極的(読売新聞)
「竹島の日」記念日制定は考えず 官房長官(産経新聞)
子ども手当、所得税増税で=財源確保へ最高税率見直し-菅財務相(時事通信)
園部元判事証言、参政権推進派には大きな打撃(産経新聞)