家出少女を自宅に宿泊させ、みだらな行為をしたとして、千葉県警市川署は25日、児童福祉法違反の疑いで、同県市川市鬼高、ホテル従業員、大橋信宏容疑者(44)を逮捕した。大橋容疑者は容疑を認め、「(みだらな行為をしたのは)家賃代わりだった」と供述しているという。

 同署の調べによると、大橋容疑者は昨年11月上旬から同12月6日までの間、埼玉県出身の無職少女(17)を自宅に滞在させ、少女が18歳未満であると知りながら、3回にわたりみだらな行為を行った疑いが持たれている。

 大橋容疑者と少女は昨年10月、少女の知人を介して知り合ったという。大橋容疑者は、少女が家出中であることを知り、「セックスさせてくれれば、家に泊まってもいい」などと持ちかけたという。

【関連記事】
教え子にみだらな行為 容疑の塾講師を逮捕 愛知県警
女子高生ら2人を児童買春 容疑の海上自衛官逮捕
“小遣い稼ぎ”で児童ポルノ、母親8人摘発 宮城県警
6少年選手にわいせつコーチ懲役8年 「忍耐こそサッカー上達」
「おれは足フェチだ」と痴漢 男子高校生を書類送検

二の腕、ふくらはぎつまむ 神奈川県職員を停職1カ月(産経新聞)
小沢氏続投を批判=山口公明代表(時事通信)
「認識」証明なら議員辞職=母親からの資金提供-鳩山首相(時事通信)
<通常国会>18日から150日間 「政治とカネ」野党追及(毎日新聞)
<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)