京都大大学院農学研究科と京都の老舗料理店主らで作るNPO法人「日本料理アカデミー」は19日、京料理のおいしさを科学的に解明するため「京都・料理ラボラトリー」を設立し、共同研究を進めると発表した。

 ラボラトリーには、若手料理人や京大の研究者らが参加。大学実験室に料理を持ち込んで代々受け継がれてきた料理技術を検証し、新しい調理法を見つけることなどを目指す。将来的には専用の研究室を構えたい意向だ。

 ミシュラン三つ星店「菊乃井」主人の村田吉弘・同アカデミー理事長は「勘や経験などの言葉が横行してきた日本料理のベールをはがしたい」と意気込んだ。【広瀬登】

【関連ニュース】
米国:禁止の鯨肉提供、米すし店を訴追 連邦検事局
アラン・デュカス:仏料理に合う日本酒 中村酒造と開発「日榮 アラン・デュカス セレクション」
「南極料理人」 堺雅人「料理人にはなれない」 生瀬勝久「食卓は舞台」
けいざいフラッシュ:人気カレー店とコラボ--岩塚製菓
世界の雑記帳:ニューヨークのシェフ、妻の母乳でチーズを製造

<雑記帳>海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)
有事の核持ち込み、容認せず=岡田外相発言に不快感-平野官房長官(時事通信)
「低燃費タイヤ」表示制度スタート 車体だけじゃなく、足回りもエコ(産経新聞)
夕映えの二上山と西方浄土(産経新聞)
遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)