日本文学振興会は15日、平岩弓枝、五木寛之両氏が直木賞選考委員を退任すると発表した。平岩氏は23年、五木氏は33年務めた。7月15日の同賞選考会は他の8人の委員で行い、補充は今後検討するという。
 平岩氏は「後進にバトンタッチしたい」、五木氏は前回、佐々木譲氏の「廃墟に乞う」に関する選評で「ミスを犯したことを機に、直木賞に清新な空気を」とそれぞれ辞意を表明し了承された。
 五木氏は同選評で、実際には作品に書かれていない「破顔した」という表現について論じ、新聞連載のエッセーで佐々木氏に謝罪していた。 

殺人容疑 2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
鳩山内閣、16日で発足半年=政治とカネ、普天間で難局続く(時事通信)
鳩山邦夫氏、自民執行部に冷や水 「強力野党」見切り発車(産経新聞)
パナソニック、ストラーダチュー ン搭載のAV一体型ナビ3機種を発表
<天気>降雪、強風で交通機関乱れる(毎日新聞)