鉄道建設・運輸施設整備支援機構は18日、12月開業予定の東北新幹線八戸-新青森駅間で、試験電車「イースト・アイ」が突然停車するトラブルが起きたと発表した。電気系統が故障したとみて、原因を調べる。同機構によると、イースト・アイは18日午前2時に八戸駅を出発。時速約30キロで走っていた同3時20分ごろ、新青森駅約1キロ手前付近でトラブルが発生した。これに伴い、20日に予定していた現行の営業車両「E2系」の走行試験は延期する。

【営業車両はこれ…写真特集】格好いいロングノーズだ…最速E5系の内外装をいろんな角度からみる

【関連ニュース】
【写真特集】初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 東京駅にファン800人
【写真特集】さよなら、500系のぞみ号 超人気車両ラストラン完全詳報
【写真特集】顔のように見える可愛い新800系つばめが民家の軒先に
【写真特集】間近に見る新幹線のおなかにびっくり 「新幹線なるほど発見デー」
【写真特集】さよなら0系新幹線:1975年、山陽新幹線の開通を振り返る

エア・カナダ機、成田に2度緊急着陸(読売新聞)
<エコ卒塔婆>間伐材を利用 広島の寺院、全国から注文(毎日新聞)
「肩代わり」法案が衆院通過(医療介護CBニュース)
福岡・能古島の遺体 海上の袋に両腕 被害者の諸賀さんか(毎日新聞)
「肉や角、高く売れる」逮捕の“矢ジカ”男(産経新聞)