2010年01月

普天間移設問題 辺野古を“分断” 基地争点「これで最後」(産経新聞)

 24日投開票が行われた沖縄県名護市長選。米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の移設が計画されている人口約2千人の辺野古(へのこ)地区をはじめ、住民を二分する戦いが繰り広げられた。新人で移設反対派の稲嶺進氏(64)が制したが、「基地とともに発展してきた」(住民)名護市は雇用創出で移設に期待せざるをえない面がある。移設の是非をめぐり市民を分断させてきた政府への不信感も渦巻き、「基地が争点になるのは最後にしてほしい」と早期決着を求める声も多い。

 「辺野古の海に基地を造らせないという約束は守ります」。稲嶺氏は午後9時すぎ、選挙事務所に姿をみせ、支持者に語った。

 現職で移設容認派の島袋吉和氏(63)は「不徳の致すところ。これからは一市民として稲嶺さんに協力していきたい」と敗戦の弁を述べた。

 普天間飛行場の移設計画が浮上して以降、賛否で揺れてきた名護市民。平成9年の住民投票、その後の市長選…。「5度目の意思表示」となった今回の市長選に、有権者はそれぞれの思いを託した。

 会社員の男性(58)は「基地に頼らない街づくりを」と稲嶺氏を支持。洋裁店を営む女性(67)は「景気を良くしてほしい」と考え、雇用対策を訴えた島袋氏に投票した。パート従業員の女性(65)は「名護には基地がないと経済的に大変な人もいる。反対と言い切れず複雑な気持ち」と明かした。

 移設が計画されている辺野古の歓楽街は人影がまばら。「最近は基地にいる人が減り、店に来るのも給料日だけ。年々、お客は減っている」。飲食店経営の江田好さん(60)によると、ベトナム戦争のころはレジにドル紙幣が入りきらないこともあったという。

 「辺野古はもともと何もなかった集落。基地があったから、これだけのまちになった」とは電器店を経営していた男性(63)。住民同士が移設賛成派と反対派に分裂して争うことに辟易(へきえき)した様子で、「なぜ13年もかかって決められないのか」と政府への不満も強い。

 観光関係会社の幹部はこの13年間、時の市長が基地問題に忙殺され、経済振興に本腰を入れることができなかったと嘆く。「誰が市長でも構わない。基地の話は終わりにして、市長が財政立て直しに専念できるよう願う」

【関連記事】
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確
揺らぐ沖縄 自治体に「安保」委ねた首相
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も
「辺野古反対は生命線」社民党大会で意見相次ぐ
普天間問題 「5月決着」あやふや 検討遅れ“連立の事情”

<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
小沢幹事長宅に実弾か=秘書が発見、届け出-警視庁(時事通信)
<マンション>管理組合積立金で業者処分急増、09年16件(毎日新聞)
<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
2次補正、きょう午後に成立(時事通信)

横浜で朝火事、2棟全焼…焼け跡から2遺体(読売新聞)

 23日午前6時頃、横浜市瀬谷区阿久和西、会社員鈴木誠二さん(44)方から出火し、いずれも木造2階建ての鈴木さん方と隣の住宅の2棟を全焼した。

 鈴木さん方の焼け跡から、2人の遺体が見つかった。2階から飛び降りて逃げた中学2年の長男優希さん(14)はやけどを負い、入院した。

 瀬谷署は、遺体は行方が分からなくなっている妻由香子さん(39)と、小学5年の長女ももさん(11)とみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 発表によると、鈴木さん方は4人暮らし。鈴木さんは仕事に出ていて、3人は就寝中だったとみられる。

自民 胆沢ダム視察へ(産経新聞)
菅家さん、謝罪求める=元検事「厳粛に受け止める」-足利再審公判(時事通信)
名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
普天間移設「あらゆる選択肢」=答弁書を閣議決定-政府(時事通信)

<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)

 遺産目当てに夫の加藤善一郎さん(当時77歳)と替え玉の男性2人の計3人を殺害したなどとして、殺人や詐欺罪などに問われた中国人で元スナック経営、尹麗娜(いんりな)被告(54)に対し、大阪地裁は28日、無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。長井秀典裁判長は殺人罪のうち替え玉にされた近藤晃さん(当時69歳)の殺人罪を認定。高木清さん(当時71歳)について無罪とし、加藤さんについては「殺意は認められず、少なくとも傷害致死にあたる」と述べた。他の詐欺罪などは起訴内容を認定した。

 検察側は論告で「強制送還を恐れて財産を早く手に入れるため、替え玉殺人事件を計画した」と指摘。弁護側は遺産をだまし取ったとする詐欺罪などの一部を認めたが、3人殺害については「計画しておらず、殺していない」として無罪を主張していた。加藤さんの遺体が見つかっていないなど殺害につながる直接証拠がなく、間接証拠を積み上げた検察側立証への評価が注目された。

 起訴状などによると、尹被告は加藤さんの遺産を相続するため、加藤さんを殺害したうえ、別人を替え玉にして病死と偽装することを計画。01年10~11月、大阪市中央区の自宅で加藤さんを殺害したとされた。また、01年12月~02年2月ごろ、知人でともに糖尿病を患っていた高木さんと近藤さんを、相次いで加藤さんの替え玉に仕立てて殺害したとされた。

 さらに、相続届などを偽造し、加藤さん名義の預貯金計約3200万円を不正に引き出したなどとして詐欺罪などに問われた。近藤さん殺害などの共犯とされた無職、越田俊昭被告(68)は懲役15年の判決を受け、控訴している。【牧野宏美、日野行介】

 ◇ことば 替え玉連続殺人事件

 01年5月に尹麗娜被告と結婚した加藤善一郎さんが同年10月から行方不明になった。02年4月、加藤さんの死亡届が出ていることを家族が知り、大阪府警に相談。死亡したのは別人の近藤晃さんと分かった。さらに尹被告が虚偽の不動産登記をした疑いが浮上し、加藤さんの部屋から加藤さんの肉片が見つかった。同月、頭部などが白骨で見つかった高木清さんが加藤さんの健康保険証を使っていたことも判明。尹被告が加藤さんと身代わりの男性2人を遺産目当てに殺害した容疑が浮かんだ。尹被告は07年10月、東京都内で逮捕された。

【関連ニュース】
替え玉殺人:弁護側改めて無罪主張 大阪地裁で最終弁論
3人殺害事件:中国人被告に死刑求刑 大阪地裁公判

法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
<自民党>新綱領原案まとまる 新憲法制定など掲げ(毎日新聞)
11月第3次産業活動指数、0.2%低下(時事通信)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)

<掘り出しニュース>牧場の扉、基地…新幹線の駅名にも--地名の「戸」の由来って何?(毎日新聞)

 【青森】岩手県に一戸、二戸、青森県に入ってからは三、五、六、七戸と続き、そこから南下して八戸、そして岩手に戻って九戸。岩手県北から青森県南にかけ、数字の後に「戸(へ)」が続く地名が並ぶ。この「戸」とは一体何だろう。追ってみた。【喜浦遊】

 今に残る戸がつく自治体は▽一戸町(岩手県)▽二戸市(同)▽三戸町(青森県)▽五戸町(同)▽六戸町(同)▽七戸町(同)▽八戸市(同)▽九戸村(岩手県)--の8市町村。なぜか「四戸」が見当たらないが、かつては八戸市の櫛引八幡宮付近にあったとされる。

 戸の由来について定説はなく、八戸市は問い合わせがあると、よく知られた2説を紹介している。一つは「馬の木戸」説。各市町村の近くにはかつて軍馬を育てる牧場があり、その木の戸(扉)に番号を振った名残というのだ。

 もう一つは「柵戸(きのへ)」説。8~9世紀、蝦夷征伐のために中央軍が柵戸と呼ばれる柵(さく)で囲った基地を作り、番号をつけたとする説だ。県外からの問い合わせが多く、市政策推進課は「住んでいると当たり前すぎて考えないが、県外の人には面白いようだ」と話す。

 旧南郷村(現八戸市)の歴史をまとめた「南郷村誌」(95年刊行)によると、戸の地名は鎌倉時代以降の文献に登場する。「源平盛衰記」には、源氏と平氏の合戦で武将が乗った馬が「七戸立(産)」や「三戸立」であったことが記されている。この一帯は、名馬の産地として有名だったのだ。

 村誌をまとめた八戸市観光課の古舘光治課長は、当時の馬の飼育について「野生の馬から筋のいいものを選んで捕まえ、教育していた。牧場ができるのはもっと後の時代」といい、木戸説に疑問を呈する。

 古舘課長は川との関係に着目。例えば、六戸は奥入瀬川流域、七戸は小川原湖に注ぐ高瀬川流域、八戸は馬渕川と新井田川の河口に位置する。村誌では、「戸」が家を数える時に使われる言葉であることを指摘した上で、一帯を支配していた権力者が、馬の産地を把握するために便宜上、川周辺にあった大きな集落を交通の便のいい方から1、2、3……と付けていったのではないかと推察している。

 ただ、実際の起源は「分からないことの方が多い」と古舘課長。「東北新幹線が延伸し、盛岡以北に『二戸』『八戸』『七戸十和田』と戸がついた駅名が続く。戸やこの地域の歴史について考える面白い機会になるのではないか」と話す。

 新駅「七戸十和田」ができる七戸町では、菓子店「御菓子のみやきん」が、一戸~九戸で取れる農作物を一品ずつ使った菓子「戸(のへ)」を販売中。開発のきっかけは、同店の宮沢一史部長(34)が新幹線に乗っていた道中、連続する「戸」の地名に興味を持ったことだ。「よそにはない珍しい地名。新幹線延伸をきっかけに、戸の地域が一丸となって盛り上がっていけたらいい」と話している。

【関連ニュース】
広瀬遺跡:水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪
大茶盛:初釜に歓声 奈良・西大寺
寒みそぎ:ふんどし一つで来年の豊作を祈願 福岡・前原
大根だき:師走に熱々ほおばり病よけ…京都・千本釈迦堂
クリスマス:信仰、家族だんらん、恋人たちの夜――聖夜の今昔を振り返る

事件報道に「不公平感」=平野官房長官、民主調査チームに理解(時事通信)
「事実包み隠さず話した」=改めて徹底抗戦の姿勢-小沢氏、聴取後急きょ記者会見(時事通信)
豊麗なる和のビーナス 聖林寺の十一面観音 (産経新聞)
芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)
つかこうへいさんが肺がん公表(時事通信)
プロフィール

z4jik2sx

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ