社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は23日の閣議で、政府提出の同意人事案に署名した。福島氏は、原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹東京大大学院教授を起用する案に反対していたが、平野博文官房長官が同意人事案の与党への提示方法などについて今後協議するとしたため署名に応じた。福島氏は閣議後の会見で「(人事案には)反対ではあるが署名はやむなし」と述べた。

 社民党は福島氏の署名を受けて党としての対応を協議する。当初は同意人事案については反対か棄権するとしていたが、賛成に転じる可能性もある。

【関連記事】
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
税制法案、衆院で審議入りへ 国会同意人事も
参院が同意人事可決 衆院は採決見送り
自民、人事官人事に反対「天下りの定義、納得できぬ」
“脱官僚”崩壊 「適材適所」と開き直り

<訃報>木村威夫さん91歳=映画美術監督「海と毒薬」(毎日新聞)
37歳長男をハンマーで殴り殺害容疑、父逮捕(読売新聞)
KYB、臼井専務が社長に昇格(レスポンス)
<全国農政連>自主投票に 参院選比例代表で方針転換(毎日新聞)
阿久根市長、県立高の生徒処分に異議唱え介入(読売新聞)