民主党の小沢一郎幹事長が検討していた今月下旬の訪米が、見送られる方向となった。複数の同党関係者が7日、明らかにした。鳩山由紀夫首相が5月末までとしている米軍普天間飛行場移設問題の決着期限と近接することから、政府のポストに就いていない小沢氏がこの時期に訪米すれば、「二元外交」と批判されかねないとの懸念が党内で強まったためだ。
 小沢氏に近い党幹部は同日、夏の参院選を念頭に「幹事長が訪米している暇はない」と指摘。小沢氏周辺も「どうしても普天間問題と絡めて見られるだろうし、参院選が迫っている中で選挙責任者が離れるのも良くない」と述べ、訪米見送りはやむを得ないとの認識を示した。
 小沢氏の訪米は、2月に来日したキャンベル米国務次官補が直接要請。小沢氏は「政策的な議論ではなく、友好親善目的で考えてほしい。ぜひオバマ大統領との面談も実現したい」として、大統領との会談を条件に前向きに対応する考えを伝えていた。 

【関連ニュース】
【特集】オバマ語録
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
富良野塾 26年の歴史に幕 多くの俳優、脚本家を育成(毎日新聞)
拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)
<枝野担当相>大型連休中の閣僚海外出張「必要最小限で」(毎日新聞)
黄氏訪日、効果疑問…日程非公開、拉致新情報なし(産経新聞)