室町幕府初代将軍の足利尊氏が戦に敗れて逃げ込んで以来閉ざされたままで「不開門(あかずのもん)」とも呼ばれる世界遺産・東寺(京都市南区)の重要文化財「東大門」が約400年ぶりの修理を機に開扉され、14日、門前でおはらいの法要があった。

【写真特集】銀閣寺:修復完了 渋い輝き戻る

 東大門は鎌倉時代前期建立で高さ8.7メートル、幅11.6メートル。1336年、新田義貞に敗れた尊氏が東寺の本陣に逃げ込んだ際、東大門を閉じて追撃を防いだ。これまで15世紀前半の台風と1605年の修理以外開いたことがない。しかし、屋根などの傷みが激しく、京都府教委が他の建造物と共に約3億円かけて補修することになった。

 この日は08年12月の仏像盗難事件(解決)を受けて整備された防犯カメラや赤外線センサー設備の除幕式もあった。【熊谷豪】

【関連ニュース】
【写真特集】なぜ?平泉、世界遺産「登録延期」勧告
【写真特集】「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
平等院鳳凰堂:壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査

お母さんたちも「子ども手当」に異議! 再審議求めデモ(産経新聞)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響-日航・全日空(時事通信)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)