地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪府知事)が21日、5月14日告示、同23日投開票の大阪市議補選(福島区選挙区、改選数1)に、大阪市内の女性会社役員、広田和美氏(46)を擁立する方針を固めた。21日中に承認、22日発表する。維新の会は、来春の統一選で「府議会と大阪、堺両市議会での過半数獲得」を掲げており、大阪市議補選は重要な試金石となる。

 関係者によると、広田氏は政治経験はないが、民間が実施した事業仕分けにかかわった経験があるという。

 大阪市議補選にはほかに、民主が元衆院議員秘書、国本政雄氏(33)、共産が党区生活相談所長、山田みのり氏(33)の新人をそれぞれ公認候補として擁立する方針で、自民大阪市議の長男で秘書の太田晶也氏(38)も出馬準備を進めている。【田辺一城】

介護職員のたん吸引など実施へ法案提出―来年の通常国会に(医療介護CBニュース)
北教組幹部ら、来月初公判=小林氏陣営の違法献金事件-札幌地裁(時事通信)
田辺三菱子会社のデータ改ざん、「看過できない重大な不正行為」―日薬(医療介護CBニュース)
初日はJICAなど9独法=仕分け第2弾23日にスタート(時事通信)
「不適切な行為」と謝罪、虐待は認めず 宇都宮の老人施設(産経新聞)