フィリピン向けに不正送金する地下銀行を営んでいたとして、福岡県警組織犯罪対策課などは24日、銀行法違反(無許可営業)などの容疑で、同県筑後市熊野、フィリピン国籍の風俗店経営イマムラ・ネミア・カスティロネス容疑者(40)を逮捕した。同課によると、容疑を認めている。
 同容疑者の口座には2004年以降の5年間に、関東や九州などのフィリピン人ら約300人から計約3億8000万円の振り込みがあったといい、同課が調べている。 

【関連ニュース】
乳児虐待の男を再逮捕=妻にも暴行、傷害容疑
デリヘル依頼の男性恐喝=容疑で山口組系組員ら逮捕
乳児遺棄で母親逮捕=埼玉県警
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕
スカウト組織から女性紹介=容疑で風俗店経営者ら逮捕

<愛知・嘱託殺人>68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決(毎日新聞)
<口蹄疫>松阪牛産地もショック 2年半先には品薄の恐れも 種牛感染で (毎日新聞)
ボンバル機 レーダー故障(産経新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
朝鮮総連が全体大会=哨戒艦事件に言及せず―東京(時事通信)