16日午前3時30分頃、埼玉県川越市南台の西武新宿線南大塚―新狭山駅間の踏切で、資材運搬のため下り線を走行していた作業用車両と4トントラックが衝突した。

 作業用車両は脱線し、トラックも横転。作業用車両の男性運転士(28)とトラックの男性運転手(32)がともに手などに軽傷を負った。

 川越署の発表によると、トラックが下りていた遮断機を破壊して踏切に入ったという。同署は、道交法違反容疑で運転手から事情を聞いている。

 西武鉄道によると、この事故で、同線の上下線がともに狭山市―本川越駅間で始発から約5時間半後の午前10時30分頃まで運転を見合わせるなどし、約3万4000人に影響が出た。埼玉県では同日午前から公立高校前期入学試験が始まっており、一部高校は試験開始を最大50分遅らせた。

関東で18日朝にかけ雪、南部で積雪のおそれ(読売新聞)
<五輪フィギュア>明智光秀らの子孫も織田選手にエール(毎日新聞)
希少種アホウドリのヒナ死亡=土砂流入で-東京・伊豆諸島(時事通信)
地検の全検事参加・弁護士会は精鋭で…新作戦(読売新聞)
検察側、無罪論告へ=きょう結審-足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)