覚せい剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた岐阜市の会社員男性(47)の判決公判が16日、岐阜地裁であり、田辺三保子裁判長は無罪(求刑懲役2年、罰金20万円)を言い渡した。
 田辺裁判長は、譲り受けたとされる女性の供述に関し「記憶は混乱・減退しており、信用できない」と判断。その上で、男性について「密売への関与は疑われるが、責任を負うと認めることもできない」と述べた。
 男性は、2008年4月に岐阜市の路上に止めた車内で、女性に覚せい剤0.4グラムを代金2万円で譲り渡したとして、同年10月に起訴された。男性は公判で「譲り渡していない」と無罪を主張していた。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側
尿から覚せい剤成分=「使用」でも立件へ-JAYWALK中村容疑者・警視庁

運航2社の統合も=仙谷戦略相-宇高航路存廃問題(時事通信)
鶴岡八幡宮 「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
37歳長男をハンマーで殴り殺害容疑、父逮捕(読売新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
<不起訴>元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで(毎日新聞)