キヤノンの施設建設を巡る脱税事件で、法人税法違反に問われた大分市のコンサルタント会社「大光」など3社に対し、東京地裁は29日、罰金計2億5000万円(求刑・罰金計3億1500万円)の判決を言い渡した。朝山芳史裁判長は「キヤノン幹部との親交を生かしてゼネコン各社から得たあっせん手数料を隠した犯行は、巧妙で悪質」と述べた。

 判決によると、3社は06年までの2年間で、あっせん手数料収入など総額約35億6500万円の所得を隠し、法人税約10億6800万円を免れた。同法違反に問われた大光前社長、大賀規久被告(66)の審理は、海外から証人を呼ぶ必要があるため、法人だけ先に判決が言い渡された。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
経団連:「知恵の使者」設置 キヤノン、会館に寄贈
キヤノン:「オセ」買収合意 オランダのプリンター最大手
長崎キヤノン:メードイン波佐見、初出荷 デジタルカメラ4800台 /長崎
金子知事:「新幹線」「キヤノン」実績強調--最後の記者会見 /長崎
キヤノン(7751)は連日で昨年来高値を更新 インクジェットプリンター事業説明会で中国の販売シェア拡大を確認

足利事件再審 裁判長が菅家さんに謝罪(産経新聞)
薬剤師国家試験、合格率2割近く減(医療介護CBニュース)
参政権付与は「対馬への裏切り」対馬市議会の意見書確定(産経新聞)
小惑星探査機はやぶさ 地球帰還が確実に 軌道に到達(毎日新聞)
首相、参院選勝敗ラインは「考える状況にない」(産経新聞)