民主党の山岡賢次国対委員長は6日、党本部で開かれた「女性議員ネットワーク会議」の総会であいさつし、米軍普天間飛行場移設問題について「直接国民生活に影響しない。地方にいくと、普天間というのは何か雲の上のお話だ」と発言した。これに対し、会合に出席していた沖縄県糸満市の女性市議が「普天間問題は生活を破壊される大きな問題だ」と抗議。山岡氏は「本質的に沖縄の負担を減らしていかなければならない」と謝罪し、発言を撤回した。

【関連ニュース】
普天間:社民党「月内決着」先送り要求 民主との関係模索
普天間:鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言
普天間:県内移設表明を批判…共産党・志位委員長
普天間移設:首相、地元説得の継続確認
普天間移設:首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発

<測量船追跡問題>岡田外相 駐日中国大使を呼び抗議(毎日新聞)
詰め寄られ「県内」「徳之島」沖縄でも迷走(読売新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
ニフコ、79歳の小笠原元社長が会長に現役復帰(レスポンス)