なかなかピュアな心がないと参加し難い企画なんですけど。

イベント 『じっくり語り語られてみよう』 に参加し,作品について語っています.作品へのネガティブな表記・ネタばれを含む場合がありますが,イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.他の方の語り記事一覧 → 『No.27: k@non伊織編 最終話 「明日に続く鎮魂歌」




 このシリーズには大いに楽しませてもらったので。

 ただ、順序としては先にネガなことを書いて後からポジなことを書いた方が文章としてまとまり良いんだけど、ここでは逆にします。

 ぶっちゃけた話、このシリーズはあまり派手に知られずに、ひっそりと評価されて欲しいという気持ちもある。変なコメントつかないで欲しいから。

 kanonとアイマスのコラボってことで。

・ラストまで描き切らないと物語として成立しようがないこと。
・アイマスとkanon、双方の原作イメージを壊さないこと。

 この2点をクリアするだけでもハードルが高いだろう。その上で、どうやって2つを結びつけるかという発想もオリジナルなものだし、単にアイドルが登場するだけでなく、デビューを目指す伊織と支えるプロデューサー、というアイマス側に寄った軸を持っていた点でも稀有な存在だったと思う。

・Pが春香のプロデューサーであることで、伊織の立場が不安定でもPの立場は安定していること、また春香が脇役として要所を固めてくれていること。
・効果的なイベントCG(特に最終回は凄かった)

 「あっ語」の段階でも、この辺りのうまさはわかっていたけれど、その時は伊織の正体も不明で、クライマックスシーンをアイマスキャラでどう描くのか未知数だった。こうして完結してみると、不安だった部分の全てが高いレベルでクリアされている。kanonの特徴である、コメディとシリアスが違和感なく調和している空気を出せていたし、亜美が伊織に名前を聞くシーンもkanonでありアイマスでもある、というシーンになっていた。

 その上で、ティアラのエピソード、「フタリの記憶」と、アイマス側の要素をうまく絡めていた辺り、アイマス好きなら、ここで負けたと思っただろう、少なくとも私はやられたと思った。

 そんなこんなで、架空ノベマスとしては申し分のない作品だと思う。

 その上で、絶賛はできないと思うのは先に書いたようにあまり目立って欲しくない、というのもあるし。綺麗にまとめる上で犠牲なったものもあると思うから。

 別にkanonはエンターテインメントを志向した大河ドラマというわけでもなければ、深い洞察に基く社会派ノベルでもない。基本的にはファンタジーで、物語を支えるために必然的なリアリティーは添えてある、という程度だ。

 だが、この動画にはその必然的なリアリティーは足りないと思う。

 必然性というか。kanonが喪失したモノを取り戻す為の物語だとするなら、それは"失ったものは戻らない"というリアリティーだ。この動画には「起きないから奇跡って言うんですよ」とつぶやく人物は登場しない。仮に登場したとして、それを笑って否定する熱血主人公がいたりしたら、それもkanonにはならない。

 kanonの真琴の存在が悲しいのは、彼女の失ったものがそれと引き換えにして得たものよりも、はるかに大きいと感じるからだ。それは冷静に考えるならありえない選択。だからこそ、序盤で周囲の人間は彼女の本心に気付くことなく、すれ違うのである。彼女がツンデレだからとか、復讐のためだとか、そういうことではない。

 …その重さを、この動画に全部持ち込めというつもりはないのだけれど。真琴と違って、このシリーズの伊織は多少我儘なことろはあっても何ひとつ後ろ暗いことはない。そこは重要な相違点と言える。ただそれでも、Pや亜美が内心抱えていたはずの葛藤を、表現できるか否か、というハードルが意識されても良かったと思う。

 もっともそれで作品世界がバランスを崩して壊れてしまうリスクもあったわけで、終わったから言えることではある。いやほんと、シリーズ終了直後にだってこんなこととても書く気にはなれなかったし、今だから言えるんだ。

 このシリーズで伊織は幸せだったと思うから。

 結局はそれに尽きるんだな。