更に続き。前回の記事を見ると、07年と言いながら08年、09年の動画が登場しますが(^^;)。これは簡単な理屈で、飛ぶような速さで動いているニコマスの中でも、揺らがない部分があるということです。07年の動画が08、09になっても生きている。作者がいなくなっても、動画が削除されても、歴史は書き換えられたりしないと。

 また、前回言わなかったこと。ありすえP、がぶ呑み氏、DikeP、タクヲPと、彼らは春香のPとして知られている人たちです。まあ、がぶ呑み氏はオールラウンダーだし、どのアイドルが1番好きなのか、美希じゃないかとかも言われてますし私はあずさが好きなんじゃないかと思っていますがw(陰陽師m@sterの主役とヒロインw)、作品として目立っているのは春香の動画です。同様に皆さん、専属というイメージはないけれど。ともあれ春香のPと伊織とは、不思議なことに高い親和性がある。本当は不思議でもなんでもなくて、哀春香とガチ伊織はお隣同士で手を伸ばせば届く距離にあるんだと思います。春香EDと伊織EDは、共に少女ゆえの幼さが表出していて、Pはそこに気休めを与えているに過ぎない。それは彼女らが自分で乗り越える問題で、Pが戻ったとしても解決にはならないものです。彼女達はそれを乗り越えて行くだろうけども、ゲーム内でそれを私達が目にすることはない。そういう点でよく似ています。

 さて、哀川翔Pが「全国に三人しかいないという伊織派」と言ったこの動画が08年2月19日。元になったカクテル2が同年2月9日。

 なので、07年の伊織動画というもの自体、ほとんど世間的な認知はなかったと言ってよいと思います。そういうものを上げていこうと。

 さて、07年6〜8月では、ナオキPの「フロンティア(sm434526)」が6月、そして7月の「Summoning of the Muse(sm721282)」が大ヒット。この辺りの伊織動画を少し調べると。

 はるまきP。いわゆる"ちんこうPプロジェクト"で認知されるまでは、こういった、ひたすらしっとりとした動画を上げていたPです。今回、試しに検索でズラリと伊織動画を並べてみた中でも異彩を放ってました。動画コメント見てもその独特な立ち位置からくる愛されぶりがわかります。

 ジゴP。歌は伊織に合わせたツンデレ風なんですが、電波系ではない正統派のポップスだし、派手さのないしっかりとした作りの動画です。

 ナオキPの「Summoning of the Muse」のほぼ一週間前の07/23。tieckPの、あたかもナオキPに通じるような作風のやよいおり動画。既にこういう作風もありなんだという認識は一部ではあったんだろうなと。このPも独自の行き方をしているPですね。

 そして。07年8月にデビューして以来、現在に至るまで王道から変化球、様々な動画を上げ続けているdodoPですが。彼が異色作と言ってもいいガチPVを幾つか作っていた時期がありました。何が起きたかというと07年9月5日のMA08の発売。いわゆる「いおりんのMAマジ最高!!(sm1521727)」です。その勢いに乗って公式曲以外で作られた傑作がこれ。MA08収録のカバー曲「ガーネット」の自作MAD(sm1177412)と対になる動画。

 同様の作風ではこれも名作。


 そのMA08発売と呼応するように上げられた、のは偶然だと思いますが、だまPのジャズっぽい伊織。コメントに「伊織ソロとは珍しい」とあったりします。

 更に10月には、tloPの、"ぽい"ではなく本物のジャズを歌う伊織動画がupされています。

 作者コメにむやみに紹介するなとあるのですが、確か見る専祭で1度解禁されていますし、もう時効でしょう(^^;)。この2つのジャズ系の動画も、ナオキPがありならこれもありだろう、という認識があったのではないかと思います。後に、その流れは08年初頭のinst祭、更には"黒薔薇"へも繋がったのではないかと。
 もう1つ、tloPと同日に上がったこの動画も忘れるわけにはいきません。

 馬鹿P。多分、うさちゃんだけが知っている情念の伊織。様々な演技、表情を見せながらも、その内にある感情はただ、自分を見て欲しいというものに過ぎなくて、これは愛の歌であるという事。アイドルとPという立場を突き抜けて少女の心の内まで食い込んで、なおぶれない。凄い動画を作ったものだと思います。

 こうして、ランキングを賑わしたりはしない水面下でありながら、伊織を取り巻く流れは確実に変化して、その勢いは08年の2月、上に書いた哀川翔Pの動画の辺りまで続いたと思います。えびPが初期の傑作(sm1971361、sm2026153)を連発するし、DikePも伊織動画を上げるし(sm2108221)、おっぺけPの「迎春(sm2085397)」、Die棟梁の「Libertango(sm2022877)」など、問答無用の傑作が上がってくる。しかしながら、ニコマス動画自体がこの頃には爆発的に増えていて、通好みの傑作ではメジャーには上がらない、そんな時代も続いていくことになったと。それはまた別の物語ということにして、この記事はあと2作、動画を貼って終わります。


 親父の味P。歌詞をローマ字に直して反対側から読んでいくというギミックを使った歌。しかも中盤の普通に歌うところでは、伊織のダンスの方が逆転しているという心憎い演出がされています。伊織のためにあるような内容の動画に対して、水面下で高まっていた伊織への関心が一気に流れ込んだ、そんな賑わいを見せた動画でした。あと、11月と言えば、手描きの伊織派である、じろうPがデビューしてますね(sm1433769)。


 07年12月は慌しかった。ありすえPの動画が消えた月でもあり、雪歩誕生祭とかmegum@sがあったりもしたんですが、長時間のメンテとかぶって祭りごと埋もれるとかの騒動があったり。一方でナオキPの最高傑作がupされた月でもありました。

 というわけで終わりますが、たくさん貼ったようで抜けも多々あると思います。私としては、抜けた分は埋めたい人が自分で埋めればよいと思いますし、他のアイドルでもやってみたいという人が出て来てくれても嬉しいなあと(^^;)。まあ今ならまず真なのかも知れません。07年は七夕革命もL4Uもなかったわけですが、名作はたくさんあった。技術さえ、高価な機材さえあれば傑作を作ることができて評価される、という空気はこの頃からあったけれど、別に評価されなくても名作は名作だった。そこをどう語るかは個人的な課題ですが、最近は、考えている間に手遅れになるなら、まずぐちゃぐちゃでもいいから、誰も読まなくてもいいから書いてしまおう、という風に傾きつつあります。そんなわけで雑談でした。