Augenblicke

主にニコニコ動画のアイドルマスターMADについてのよしなしごと。

2010年01月

2009年下半期ニコマス20選似たもの同士検索など

 09下半期まとめ動画が上がるに際して、こういうものが公開されましたんで、遊んでみたという話。

「2009年下半期ニコマス20選検索データベース」

 これで例えば「一一P」を検索すると、結果10票で私も入れた「One Million(以下略)」が4票、キュアー11連作のクライマックスだった「Disintegration」が2票、亜美のダイナミックなシンクロが良かった「Nailbiter」が2票、あと2作に1票ずつ、となります。そして選んだ人たちはと言えば、私、club-jamoraさん、赤菱P、うこんちゃP、かおらP、ガラクタさん、黄流P、発破P、ぐらぽんP、isciaさんと、知る人ぞ知る名前がズラリと並んで壮観だったりする。

 他に、私の20選からマイナーどころを当ってみて面白かったもの。

・杉田かをるP(仮)「逆に殺伐じゃなくしてみた」:6票で私、レスター伯P、お茶P、OGOP、ギップリャP、club-jamoraさん。

・さっちもP:あずささん「August Train」2票、私と朗読P。

・おかおP:私とクロヒゲPで1作1票ずつ。

・GENk氏「春るんブレス」:私とヨナP、ケン棒さんで3票。

 よくぞ被った、という感じで(^^;)。

 まあ、誰とも被らなかったのは、選ばれた御本人も絶対被らないと断言した成田Pの「の・の・ワ」だったりしますが。大好きなので悔いはありません。

----

 で、自分の20選が誰と被ってるか、ということを調べてくれる更に便利な代物がこれ。

「2009年下半期ニコマス20選似たもの同士検索」

 TOPを見ると、敷居さんと くらふと氏が被り11作で結婚しちゃえ大賞に輝いていることが見て取れますw。敷居さんは最低でも3作被りで計14名と被ってるようです、流石ニコマスブロガーの看板。

 カズマさんを見ると、くるみさんと9作被り。計3名と、意外に被ってない。そんなもんですかね? キリコさんは最高6作被りで9名です。爽快Pはガルシアさんと6作、ジェットPと2作で2名としか被ってない。まあ、爽快さんは、20選だといきなりマニアックになるもんなあ。

 卓球Pは壮観です。いえ、被りは10名ですが、まず最高で8作被ったのがあの、機能美P(!)。そして残りの9名にPotechiP、ハバネロP、ユウシロウP、納豆之介P、メイド好きLPと、知った名前が並んでネットワーク形成してます(^^;)。

 流石と思ったのは、むらたまさん。被ってるのが1名だけ。月刊あずさ編集長の ささあきPと9作被り。あずさ派の深い絆を感じずにいられません。

 春香派はということで、春香関連だけで20選埋めた しょうひらさんを見てみると、4名で、teruさん、游希P、せるき〜P、無名さん。この内、無名さんは、春香枠で15作選んでますw、被り3作以下で17名と被っている興味深い人ですね。游希Pは、(しょうひらさんと同じく)春香で生放送やられてる人ですね(なぜか検索名が游晞Pになっているので検索する人は注意)。せるき〜Pは言わずと知れたハルカニのリーダーです。とまあしっかりと絆の感じられる結果になってると思います。

 いろいろやっててこれはと思ったのがSeiP。yoshii-sanさん、あんぴおさん、悪来(仮)さんと9作被りの上、総勢21名と被ってます!あのリスト見たとき、マジョリティど真ん中だなあとは思いましたが、敷居さんを超えるとは、流石爽快さんの後継者w。その あんぴおさんは更に上で22名、他にマドギワPが19名被ってたりと。もっと被りの多い人、いますかね?

 まあ、この検索では1作被りは表示されないのかな。そこまで入れたら、見え方も違ってくるように思うんですが。

 ただ、私で検索すると、余程底辺であるせいか、1作被りまで表示されるんですよ。ヨナPです。でも、↑のデータベースの方の記述見るとわかると思いますが、実際には他にも私と1作で被ってる人はいましたから、そういう意味では厳密な結果ではないんだなと思いました。検索プログラムって割とアバウトなとこありますから、そこら辺は過信しないで遊び心で楽しむのがいいようです。

 他は全部2作被りが10名。animebrassさん、club-jamoraさん、damehumanoidさん、GateP、wanohanaさん、お茶P、かおらP、ジェットP、せんりさん、靴下P。

 なんかあれです、アングラネットワーク(^^;)? そこはかとなくかっこいいメンツじゃなかろうか。

 アングラ部長のclub-jamoraさんだと、私以外に3作被りが3名、isajinさん、OGOP、sabishiroP。

 少し調べてみると、私よりもアングラネットワークしている人がおりました。ジェットPですw。全員2作被り、合計13名。私、6歳児P、REKKAP、アレンビックさん、ガラクタさん、クロヒゲP、しちやんP、ツークンP、バリズムさん、ブラッキーP、山本山P、爽快P、島P。

 最後に。今、思いついて調べたところ、ヨナPが1作被りで出てくる理由は多分これです。検索してみたら、ヨナP、2作以上被っている人がいないwww。そういう人は、1作被りの人が表示されるし、その相手の検索結果側にも表示されるということらしい。ちなみにヨナPと被っている人というと、私、arrangerP、ケン棒さん、しろしすさん、スキップフロアP、玉子さん、山本山P、朗読P。ヨナPの20選は実際個性的ですから、興味のある方は見に行ってみてください(^^;)。


 ではでは雑談終わり。


ネタ系 01/04〜01/24


 アストロP。 笠置シヅ子の曲のカバー?詳細不明。市場に貼ってあるCDからのようです。タグには大自然Pリスペクトとありますが、直接的には大愚熊リスペクトの、はず、です。曲が早口で音質も悪くてどんどん進むので何歌ってるのかいまいちわからんのですが、無理な買い物を頼まれて閉口する、くらいの内容でいいんだろうか。で、動画の内容も、怒涛の展開で何がおきてるのかわからず、千早が小鳥に無理な買い物を頼まれて・・と同じ程度にしかわからんまま終わると、まあなんだかすげーで終わる、けど。よくよく見直したら見れば見るほど無茶苦茶ですねw。春香さんだけ汚れ仕事をしてないような気がしますが、熊の皮かぶって熊春香、とか無邪気にやってるけど、それさっきまで生きてPやってたんだろおい、という。まああれですね、某小鳥さんの下半身サムネで怒涛の連作を投下して全て週マス除外になった某Pへのアンサーじゃないか、ということも囁かれてましたが、それでなくてもここのところノベマスはエロ全盛だったわけで、どーせやるならこのくらいやれよ、という心意気を感じたということで、間違いではないのではと思っています。



 遠心力PというネタバレなP名で決まりのようです、処女作。これは1発ネタというか発想の勝利というか、おいこら待てというか。



 かりふらP。作者コメが地味に恥ずかしい。そして、いい曲だけど、これで同じ日に被るとか謎でしょうがない。DSMADとしては普通にいい感じの出来です。



 ひけふ氏。手描き社長が普通に気持ち悪いのみならず、小ネタ爆発でなんだかよくわからないけど巻き込まれます。



 海月P。15秒CM@ster。意味は全く分かりませんが、曲はエンターテナーで、それに合わせた映像なんかな。ここに貼ったのは単に、キングクリムゾンの「21世紀のスキゾイドマン」が一瞬使われるから。



 しげP。 15秒CM@sterの為に、「液体ハルカ」の続編を作ったという事のようですが、このインパクトはやはり天才かモンスターのどっちかだろと言いたくなります。サムネでネタバレしてるようなそういう問題ではないようなところもいい。



 ンモーP。貴音誕生祭作品だと思いますが、この音源どっから持ってきたwww。



  薩摩伝豆P。タイトルに対してサムネがネタバレであるにも関わらず、見ても意味がわからず、動画を見て意味がわかっても理解には達しない、非常にコメントに困る動画。なんかもういろいろと技術も発想も無駄遣いである。



 JAYP。思いつきで作ったようで。赤青黄の信号機トリオに、戦隊モノの赤青黄的な歌詞をコラージュしたもの。昔のMADテープの映像つきという感じですが、個人的にとってもツボでした。何気にシンクロいいのよ。



 ろしつきーP。合作の完成版(単品)sm9482648が、提出日に提出された時点でどういう状態だったかを暴露したもの。声入れ段階の作りかけアニメじゃあるまいしw。これを見た人たちにとって、ちょっとしたホラーだったのは想像に難くない(^^;)。冬なのに。


気になる動画 01/08〜01/28


 ニコマスデビュー作も鮮烈だったbrookPの新作。 ジミーサムPのPV化。波紋のエフェクトで始まるけど、曲のイントロがいかにも波紋のようで、音というのはそりゃ波だけど、目には見えないわけでそれが、ああ、この音がこんな風に見えるんだ、とそう思えるところでゾワッと来る。孤独感を煽るメカ千早のレイアウトも、少しずつ歩み寄る765プロの仲間達も、タイトなフィルインと共に2:46でひとつになって輝く。その瞬間の更にはHMDが千早から外れる瞬間の、カタルシスたるや、長く語り継がれるにふさわしいと思う。



 ワイルドランP。以前、ひびきPが作ったメドレー動画への返答的な作品だそうですが、中身はこれでもかとばかりのおっホイネタの詰め合わせで、半分くらいわかりません(^^;)。でもおもしろくて素敵な動画です。ほっこりするのです。



 今見たら、CAで大きな律子が描かれててびっくりした。愛されてるなあ。律っちゃんで合作が作られるという事が素晴らしいし、内容がまた、惚れ惚れするほど素晴らしい。しっぽまで餡子詰まってる感じの隙のなさ。そして選曲が、私知らない曲がたくさんあるんですけど、中の人のいろんなところでの曲を使ってるようですね、そういうところも愛が詰まってるなあと思う。



 蟹江氏。 PBoyP@rk09。「律子と真が大口を叩く動画sm6303155」というのがあって、ほぼ同じ構成なので続編と思っていいと思います。ダンスというよりライムの振り付けになってまして、これがいいシンクロしてるんだわw。好きだなあ。



 sabishiroPの60分m@sterでゲームインスト曲縛りというもの。作者コメでわかるようにピンポイントで釣られましたw。正直、細かいストーリーとか覚えてないです。美希の役って名前なんだっけとかw。でもいいのです、とても幸せです。他の曲でも作って欲しいw。



 おかおp。またやってくれました。普通、広い空間にポツンとかやったら、寂しいでしょう?でもここではものすげー広い空間を支配するかのようにアイドル達が楽しげに踊ってるんですよ。こんな見せ方が存在するのだということを、示して見せたということ、とんでもないと思います。もうかっこいいのなんの。



 たろうP。普段は雪歩のPですが、SPMADに力を入れてるPの1人ですし、貴音と言えば雪歩とは仲良しさんですので、気合を入れたPVを作ってくれました。いや、正直凄いと思います。PSPであることの弱さを全然感じない。うまく画質を制御して丁寧に構成された秀作だと。



 BARBP。こちらも貴音誕生祭作品で、丁寧に構成されています。PSPでも、ここまでダンスとカメラワークを追究することができるんだという見本のような動画ではないかと。



 音P。765プロで律っちゃんの結婚式を祝う動画ってことで。カットの繋ぎ方とか、5分超あるので、トータルでバランスがどうかなってところもあるんだけど。でも、気持ちがちゃんと伝わる。その5分を見せ切ってる。だから、良い作品。



 いちじょーP。オーバーラップするUPのの春香と響の切り替えとかうまいなあとか思って見てたけど、コメントで、真ん中(の境界線)をうまく隠してるな、とあって、ああそうかと気付いた。それはそれとしても、固定カメラの見せ方として、非常に巧妙で単調に感じさせない、うまい作りだと思う。なんというか、PSPでも上手なMAD増えて来て、侮れない状況になってきましたね、DSも頑張ってるし。


自作だと…。

 井川はるかPの「実況765プロ野球 激闘編」EDの単品ということなので、シリーズ追ってる人は皆知ってるんでしょうが、私はさっき始めて見てひっくり返りました(^^;)。

 夜の甲子園を自作したというwけるまP。それでなくとも。

 この律っちゃんとか。
gh1

 このあずささんとか、いい表情切り取るなあと。
gh2


 そして驚愕の0:58。
gh3

gh4

gh5

 ここの顔が前に出て肘が先に動いて手首が後から付いていくって動き。体のバネが引き絞られていく感じがいい。
gh6

 これも自作いおりんらしい。たまげたなあ。

 あと、ダイヤモンドにアイマスガールズが並んでる絵。こんなオールスターのレイアウトがあったんだと新鮮でした。
gh7

 そしてこの寄り。
gh8

 この目力。流石の春香さん。
gh9

gh10




 けるまP。

雪歩 12/24〜01/09


 らぶじゃんP。修正版ですが、美しかったので。特に蒼が。



 ぴかにゃんP。ボカロ歌ってみた音源のニコマス化。長回しから1:03のターンが曲のブレイクにはまる瞬間が凄い。ソロじゃなけりゃ文句なしでシンクロ動画の方に入れてた。



 紗羅P。雪歩誕生祭に投下された核弾頭。ゆきホークの三角形が編隊を組むとこんなにも美しいとこれで知った。カット割もカメラの計算され尽くしていて雪歩も可愛いし壮観の一言。しかも間奏のギターソロで本人登場するしw。



 ななかP。藤田朋子。つまり日本人だが、英語の歌で、発音が実に綺麗でネイティブじゃねーのと言いたくなるw。声は日本人だけどねえ。動画もしっとりと正統派のカメラとダンスでクオリティの高い逸品。



 みそP。「しわっす!2」の遅刻企画の1つである3時間カクテルの動画。シンプルにせざるを得ないだけにシンクロ勝負が曲の疾走感とあいまって素晴らしいことになってる。長ーいタメを構成するドUPのスローがかっこいいったら。



  藪柑子P。リリカルなのはA'sの八神はやてのキャラソンらしい。ギミックの少ないSPMADで名を馳せただけあって、シンプルながらツボを押さえた王道PVは流石の一言。



 ジャバラP。 筋肉少女帯。憧れの対象として他のアイドルが登場するけど、実質ソロなのでこちらへ。冒頭の蝶のアクセに身を包んだ雪歩の静止画が美しく、ダンス部分も画質が綺麗に整えられていて。たまに綺麗な動画を作るPではありますが、これはダントツで美しいですね。歌はドロドロしてるわけですが。



 オヤジオナP。ハイ・ファイ・セット。サムネが卑怯ですが描きも描いたり。口パクや表情改変まで含めて、労力を感じさせないオシャレな仕上がりになってます。5年経ったらこんな女性になるんでしょうか。



  緑茶戌P。音源は ぼーかりおどPの曲を2番Pが雪歩ロイド化したもの。いきなり地球をバックにアストロ雪歩ですよ。歌詞がさりげなく現実的で、軌道エレベーターとか言いながら東京タワーでオチをつけたりするところ、ゆきまこの等身大の歌としてPV化するのに合ってて、SF的な世界と現世とを往来するのが奥行きを感じさせてしっかりと心に食い込みます。



 迷漏会計P。選曲でホイホイされざるを得ません。ひどくテキトーな歌詞だと思いますが、こういうのが売れる時代でした。この曲自体が売れたかどうか、記憶にないんですけど、知名度は高いですよね。MIXは本家大滝版が好きですが、歌は太田裕美版が好きだというw。