Augenblicke

主にニコニコ動画のアイドルマスターMADについてのよしなしごと。

2011年06月

やってみた

 当初はそんなんやってられっかな気分だったが。だいぶ気持ちも落ち着いたし、某ブロガーさんの鬱々としたシリアスな記事を読んでいたら、なんだかやれそうな気がした。

蜂矢さんの「何も見ずにP名いくつ言えるかな」

 ところどころ、英字のスペルがマジでわかりません、それで書けなかった人多数。以下は間違いもそのまま残してあります(^^;)。あと、別名義の同じ人がたくさんあるのは確信犯。更に、架空のPを捏造してるかもです。ざっと見直して、これは捏造だとわかったものは、恥ずかしながら消させていただきました。表記ミスでは、今わかるのは、たまねぎPはいるけどニコマスのPじゃない、ニコマスは玉葱Pでした。ftqpなんてのも書いてますが、fftq氏ですね。mmtsgzkwys氏がそらで書けないのは仕様です。カワイソス氏、などと書いてあるのは今調べたら「カワイソ(´・ω・) ス」氏でした。「さちくまP」じゃなくて「さちクマP」でした。「迷朗会計P」は「迷漏会計P」。

1 ぶたP さくP 哀れな小羊P ありすえP whoP 時雨P 馬鹿P 鳩P
ディープP RidgerP
2 しーなP deadblue238P 東洋人P クーマP さちくまP よりみちP みちくさP ヨコハマP そるP solP
3 silP tloP ちずP 小町P 翼P 卓球P 慧P 柳P 楓P やなぎP
4 テデスコP 肝油P ほっけP しゃもP clubjamora氏 リップルP さくらんぼP ギップリャP エコノミーP OGOP
5 めいろっくP えびP かきP アワビP ぎょP ごP ヨルP patoP 海鮮P 回P
6 和むP versusP sabishirop たまねぎP ネギリボンP 江頭P きつねP kakaoP カカオP ドドリアP
7 junP じゃんP かめP 迷朗会計P パジャマP 発破P ジェットP(元ジP) 洋梨P 洋生P 結ばれし友よP
8 もにょわにょP ライムライトP かおらP おからP 吊さん 蟹江氏 UKCkaeruP hikaruP wyrdP かりふらP
9 もぼぞんえP 黄色スポンジ氏 良曲紹介P くらふと氏 ねおごはんP uhhoP 一一P バートレットP AToll氏 れあもんP
10 モルスァP うてにゃんP 成田P シュルツP 風野シュレンP 風のP 金のP かのP カコP つかさP
11 きゃのんP 2960P 096%P しちやんP うしわかP DikeP まみたすぎざかわゆす氏 かたくりこP 最東みんくP トカチP
12 けーわんP ほっちP しおP DSP ふれいむP らとP 先駆者P 爽快P 音P タクヲP
13 むーくP つばめP ふにゃてぃんP アリシャスP qb氏 nu氏 α螺旋P mit氏 ジャバラP ナンカンP
14 ゆみすP みゆりP まっつP 月極P かてぃーP ふらうP tenP くるわP 由々さん 怒首領蜂P
15 あるつP 頭脳戦艦ガルP キュルキュルP ふらいんP オペラP はしP ばしP camelP ゆきろんP ゆきおんP
16 ベタ塗りP 備前焼P 友P TPTP お茶P しょじょんP **P _P しげP 銀次P
17 えこP orgoneP カレーP 足汁P えにこP サーディP がぶ呑み氏 rumbaP AerieP MRP
18 四季P 木曜洋画劇場P 天然P @鬼畜P 225P むびょーちゃんP ふくやまP 玄P ねこP 猫ジーナP
19 くろねこP しろねこP ヤマネコP たろうP ユウシロウP じろうP さとP メカP ナファランP 神風P
20 BARBP アドP アトロポスP 少年P 親父の味P かのんP CAPRIP カイザートP カイザーP 2番P
21 GたまP さぼてんP きりP アキノP ななななな〜P 佐野倉P ulaP ゆうゆうP ゆりあP ぐりふぉんP
22 ましぇP フランP ひだりききP おかしなみなP みなみむきP でんP FenorlP うんこうP ちんこうP オンナスキーP
23 はるまきP 赤ペンP ダムP hikeP ルゴールP ftqp ツナマヨP AruP みそP キュロスP
24 せいらP さいふぉんP もう、ダメP 焼き肉P やっつけP 黒澤P トリスケリオンP 最終最後P itachiP ドリ音P
25 かまいたP ちゅいおP K特P さいちんP さっちP たかっぺP ねんどP オーキドP ポケモンジェットP MBP
26 MBSP HBP 765_16P 燦燦P 百舌P ベロチョロP 酋長P 武蔵浦和P フェリーニP レスター伯P
27 矢夜雨P こんにゃくP KトラックP mwzP シュP ふぃるP コロP ひととせP チヒロP ハニハニP
28 nucoP ぬこP ぬっこぬこP にきーたP ブイヒサP 黒塗虎P
Die棟梁P カワイソス氏 a-eruP ぐっさんP
29 dodoP ととすP 哀川翔P くるるP ぐぐるP lmnoP セプタムP セリP おっぺけP せらP
30 ナンダバP ナンジャラP とにせんP poolP ニット帽P いちじょーP 夏蜜柑P 七夕P 西岡P ジョーバP
31 バスP たまてぃP けるまP けまり部P ひのちんP せるきーP 櫻花P シラカワP ミルクレゥプP ゆうめいP
32 どんがらがっしゃーんP わろP カブキンP きみP MIP ミミズクP カルミナP カラメルP おかおP 歯ブラシP
33 ウィンウィンP museP ナオキP TAKAP ごまP onoP 
--------
 一応、数としては1時間で326。現役/引退はともあれ、後からスペル調べたり、捏造じゃないかとか調べるのは楽しかったです。あと、まだいろいろミスがあると思いますが、すみませんです。

最適化

 561人載ってるらしい。


 ざっと数えた。

・自分の知らない、または名前しか知らないP 162

・自分の知る限り現在ニコマスで活動してないP 163

 561-(162+163)=236

 分相応な範囲でブロガーやっております。

 ま、匿名流行ってるし。


20選生放送やりました。

 人に見せる分には次点動画を流した方がいいんじゃないかと思いつつひっそりとやりました。意外に見に来てくれた方が多かった。ありがとうございました。公式発表があるかどうかに関わらず、記事は上げます。ちなみに3枠でおさまりました。珍しく、2回とも無料延長成功、そんなの初めてだと思うw。でも終わりのタイミングは逸してブツ切れたすみません。

2011年上半期ニコマス20選

 今期は、いろんな動画があったね、という20選になるかと思ってましたが、まあ70も候補が出てくると、3つに2つは入らないってことになるわけで、結局は、そういう20選は他の人に任そう、となりました(^^;)。最終的には、いつも通りの選び方になっていると思います。2つ並べて、他の人に選んでもらえそうな動画はどっちだろう、みたいな。でも、再生数的に高い動画も今回は入れました。コミュニティ的に狭くなってきてるので、ちょっとしたきっかけで流れに乗ると、いきなり伸びたりし易くなっていると思います。その分、空気を読まない動画は徹底的に伸びないとも言えますが。


 UKCkaeruP。まずサムネがいい。そして中身も、数あるUKCPの作の中でもとびきり独特。今期、同Pの気になる動画は幾つかあるが、どれか1つと言ったらこれになった。ストーンズだし。カート・ヴォネガット・Jrの小説とストーンズの「悪魔を憐れむ歌」にインスパイアされて、両者をごちゃ混ぜにしたような始まり方から、やがて似て非なる何かに収束していくに従ってロックンロールってのはこういうものだよな、という感慨と、それにしても全くスポイルされずに輝き続ける雪歩の存在感にやられる。「お前はそんな世界がいいのか バカな奴だな」。これに尽きる。



 武蔵浦和P。上とは趣旨の全く異なるシンプルな動画だけど、行き着くところは同じだから不思議だ。なんでこう、シンプルなギターリフと、モノトーンの背景に対峙する雪歩というのはこんなに強く見えるのだろう。



 ナンジャラP。再びストーンズにして雪歩とロックンロールその3。ストーンズ全盛期を切り取ったライブ盤「Love You Live」の音源より代表曲とも言える「Brown Sugar」。タイトルといい、内容といい、雪歩とはまるで合わないはずなのに、何故こんなにも活き活きとしてるのだろう(^^;)。ステージの雪歩さんには魔性が宿りますね。「ブランシュガー!」のところで毎回雪歩が腕を突き上げるんですが、「ガー!」に合わせるんじゃなくて、その後の4拍目の裏に合わせてあるんです。「ガー!」はお腹に力が入ってる時で、その力を腕まで伝えて、それから突き出す。そういうタイミングなので実際に自分でやってみても、それが自然なんですよ。わかってるなあと思う。



 投稿者名が常時変化してますけど、さっき見たときは「マミさんの搾乳ならちょっと見たい」氏でした。さん付けなので、巴マミさんの方でしょう。以前は投稿動画欄を公開してくれてたので、新作出れば名前変わってもわかりましたけど、今はもう非公開なので、現状どんな感じなのかわかんないですね。これはかなり重い動画なので軽量版もありますが、投コメやギミック的にこちらの方が本気なので。中身は えこフォントを使用したフラッシュアニメの動画で、ひたすらカラフル。止めても動きます。曲はビーマニIIDXより。



 酋長P。今回の20選の基準として、発想の驚きとか、技術とか完成度よりも、とにかく見て聞いて気持ちのいいもの、というものがありまして、それでも軽く候補が50超えて困りましたが。この動画は技術よりも発想というかほとんど1発ネタと言っても良いものですが。にも関わらず最後まで残ったのは、ネタ以前に、ふざけたBGMに合わせて揺れる貴音のロケットが見てて気持ちよかったからです。あと、ラストの貴音さんの手がバルカン星人式の挨拶なのですが、そういう筋の人なんでしょうか。



 fsgkP。ノベマスだったり音系だったりといろんな動画を上げている、一言で言えば得体の知れないPさんです。これは反復カットで押す動画。アイマス2発売前は、限られた素材を使い回す関係で、こういうカットと反復に特化したミニマルな手法のPVが割と多く作られました。その中には有名なPの動画もありますけれど、最終的に自分が気に入ったのはどれかってことで、何度も見比べた末に残したのがこれ。今回の選考中に最も見た動画でもある。



 ネギリボンP二周年記念作。可愛らしい亜美動画ですが、いろいろ強烈なインパクトを残すカットがあって忘れられない。アルパカとカピパラは似ている。

 こことか。"十数年"を表現し得るDLCも凄いが、中身同じなのでシュールとしかw。
mp1

 「迎えに来てねMyPrince」。それはプリンだ!と全力で突っ込まずにいられないこのカットとか。
mp2

 他にもいろいろてんこ盛りで、何度見ても楽しい。



 ぐっさんPが突然作り上げた最高に可愛い律っちゃん動画。「クレヨンしんちゃん」OP、B.B.クイーンズ。声が完璧。ダンスもどんぴしゃり。歌詞もじっくり読むと、切なくなってくる。声質で律子だったんだろうか。



 tarezo氏。可愛いサムネイラストもあって、それなりに伸びたようで。スクエアプッシャーかジャコパスかという、ドラムンベース風のトラックに絡む変態なベースラインが堪りません。大音量で聞かないと、どんだけ凄いことやってんのかよくわからんのが寂しいところ。



 poolPがダンスPV、ということ自体珍しいですが、そこは一筋縄ではいかなくて、マッシュアップ先のMAD CAPSULE MARKETのライブ映像と2雪歩のHHBとの混在という荒業をやってのけてます。曲の暴力的なエネルギーとその粗さが良い意味で突き抜けていて、HHBってこのくらいの音圧に耐えられるだけのエネルギー持ってるよなあと、納得するのです。



 (^w^)氏。これが処女作とのことですが、恐ろしくカットインのタイミングと絵作りがうまいので、とてもシロウトと思えません。が、ジュピターvs765プロ、というスタイルの動画自体、ニコマスでは珍しいですから、そういうところはベテランのニコマスPの別垢という感じではないなと思えます。投コメからも、「ないから作った」的な動機のようですし。動画の凄さは見れば伝わると思うけれど、そういう意味では孤軍奮闘だけどがんばれ、とは言い難いですね。ともあれ処女作にして「 シンクロ率765%」タグは伊達じゃないです。



  IKEPONGP(仮)。ニコマス3つ目のドアーズ。ホイホイされざるを得ません。それだけなら20選には残りませんが、この曲の美しさと貴音さんの魅力が合わさって最強に見えるのだから、仕方がないのです。よくぞこの曲で合わせてくれたと。



 kiiro_sponge氏。SP素材とは珍しい、と思ったら、少しだけ2貴音も出てきます。そして空には"地球"。2貴音さんの特殊な設定を思うに、もう1人の貴音さんから2貴音さんへの時空を超えたメッセージなのかな、とか思ったりしますがわかりません。曲はロシアの古い唄だそうで、ボサカサ民族音楽祭参加動画の中の、数少ない本物の民族音楽に属するもの。エスニックと言われてロシアが浮かぶというのは、わかる人にはわかるけれど、ニコマスにおいては非凡でしょう。



 しょじょんP。Sufjan Stevensとか、ホイホイされざるを得ません。歌詞の内容は知らないんですけどね。しなやかに踊る千早さんから、まるで人生の最も激しい時代を駆け抜けた後の、最小限の表現で多くを伝える術を心得たかのような深みを感じるのです。絵的にはダンスが繋がってなかったりするんですが、そんな唐突さも含め、曲調の不穏さと呼応してそうなるのかも知れなくて、不足は感じません。

 2:41からのこのカット。全体には笑顔の方が多いのだけど、要所のこういう表情が凄い。
sufj



 一一P。13分超のピアノ小品メドレー。メドレーと言っても、1曲目の変奏曲が次々続いていくと思っても大差ないような雰囲気で、全体で1つの流れになっています。ミニマルミュージックなら、こういう曲もありそうですが、これロックバンドのアルバム中の曲ですからね、大胆です。インストだけど、曲の切れ目はその都度動画にテロップが出るのでわかります。で、恐ろしいのは、それを律っちゃんソロでずっと躍らせていること。踊るというよりは、もはや空気を掴むような動きを見せています。それでいてラストまで緊張感は持続する。旋律の瞬間的な躍動も、大きな波も余すところなく捉えられています。ダンスシンクロの極北と言える動画がここに1つ生まれたのだと思うし、律子だからそれができるんだろうなと。最後の1音が終わった時、ステージに1人立つ彼女を前にして、野外ステージのなんと小さく見えることか。



 薩摩伝豆P。ネタ☆MAD4rdについては、今でも「4thの間違いでしょ」というツッコミが入りますが、4rdはネタなので。でも何の説明もなければ、突っ込まれても仕方ないとは思う。それはともかく、2春香さんのVi服は赤トンボ、言われてみると確かに。で、これは出オチに見えますし、作者も狙って作ったかどうかはわからないけれど、後半のシンクロが、凄い。綺麗にはまっててうまい、というシンクロは職人芸だが、世の中には、ピタリとはまった瞬間におおっ!と叫びたくなるシンクロというものがあるわけで、私はそういうのが大好きです。



 harry.P。LMGを暗い冒頭から始めずに、明るいところから綺麗に初めて、的確にAメロBメロをシンクロさせて、難しいサビをカット構成の妙でごく自然に乗り切ってる、特に凄いと思わせずにそれができてる凄さ。4分近くLMGのみでテンションが維持されてるのには感嘆します。歌詞の内容は自分の方が彼女としてふさわしいのに気付いてくれない、というひねくれたものなのですが、そういう内面を感じさせないしなやかな歌メロと伊織の勝気な表情がピタリと合ってる。今期のベストというか、心底唸らされた動画の1つ。



 hikaruP。鋭利なギター・カッティングと共に真が空間に溶け出していくような。今期のhikaruPは素材の扱いがかっこよくなるに連れて、肉体としての真から魂が抽出されて動画そのものに同化していくような、凄い表現を行ってきた。3Dだとかポリゴンだとかの言説は、最早意味が薄れて、主題が真、作品が真というか。そして3:50の紙テープのインパクト。



 艦長P。今回の20選も有名な動画をゴリゴリと削り落としたけれど。掛け値なしで自分が1番パワーをもらった(時勢的な意味も含めて)動画はどれか考えに考えたところ、これだったので、残した。



 ちなみに2番目がこれ。crna ruka氏のマッシュアップ動画なのだが、実質的には貴音ノーマルPVの「MEGARE!」の破壊力がものを言う代物。「MEGARE!」という新しい曲をスローにして、別の方向性を与えることによって、貴音的な凄みというものが存分に発揮されている。2発売直後の動画だけに、大富社長が多数コメントに参加してるのが時勢を思わせます。

06/23〜06/24


 パジャマP。主題と変奏曲2つを繋げたということで、3回同じ曲を聞いてるはずなんですが、こういう曲かと思えるくらい、ゆったりとりとめなく流れていきます。雪歩のダンスもスローで、点じゃなく線で合わせてある、しかもリレーションズ、つまり大きく流れに乗るダンスですから、細かいことを気にすることもなく見ていられます。衣装とステージの色的なマッチングもあって、静謐な時に浸っていられる動画。



 ニット帽PのREMIX集、「livE」と「魔法をかけて」の2曲。特にノリノリでアッパーな後者がいい。



 トリさん氏。11年3月のデビュー作では期待の新人と言われた人(今は処女作タグ消えてる)で、自分の知る限りではこれが3作目(sm14014221、sm14307950)。かりふらさんと同じ曲で同じ律子なので、御本人の生でリクして流れた時は驚いてた。ダンスは「まほかけ」のみですが、軽快な曲同士、よく合ってます。


 その2。ずっと無印でしたが、こちらは2素材で律子ソロ。シンプルだけど、いいシンクロ。



 猫サブレ氏(ライトP)。ニコマス3作目ってことでいいのだろうか。2作目も変化球でしたが、これまた意味がわからないw。曲がFelt - Don't Die On My Doorstepって、タイトルは直訳なんですねえ、どんな内容の歌なんだろうか。MMDの律子UPで表情だけの動画ですが、後半に小町の映像が挿入されて、背景にはいろいろと思うところがあるのだろうなあと。ネタに見せかけたガチなのかもです。Feltはテレヴィジョンのフォロワー的なバンドですが、テレヴィジョンがルー・リードの影響を受けているので、そういう雰囲気も感じさせる曲です。



 セプタムP。こういう直線的な曲はAメロできっちり作るとサビで中弛みしがちなのです。そういう意味では。この動画はAメロまでのきっちりしたダンスと、Bメロからサビに至るギミックとが両立している完成度の高い動画。特に2:25のタメが素晴らしい。



 散髪屋P。歌詞がアイマス2の千早そのものなので。千早シナリオの問題は終盤及びPとの関係性にありますので、そういうものを削ってアイドルとしての千早のあり方に焦点を絞るとこうなるよな、というド真ん中な内容の歌なので。これはうまいとしか言いようがないなあと。というか、この手があったかと感心せざるを得ない必殺の妙手ですね。

キディグレイドOPより「未来の記憶」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14831774
 tmoki氏。修正版上がるかも。例によって貼り付け禁止。千早と貴音という、クールな2人でデュオという、発想はあってもバランスの難しいコンビを綺麗にまとめてます。対等なバランスではなくて、目立つ貴音さんをポイントで使って千早さんにじっくり歌わせてる構成になっているのだけど、それを不自然に思わせることなく仕上げているのがうまい。



 回P。コミュ映像とビブリボンの映像を合わせたもの。それぞれだと単調なのだけど、合わせるとお互い補い合って、曲調のエキセントリックさと律子さんのキャラクターが合ってて、全体として、何かいい。



 zsP。「律子に乾杯〜♪」と聞こえますが、本当にそう歌ってるみたいですね。そういうわけで選曲勝ち。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ