Augenblicke

主にニコニコ動画のアイドルマスターMADについてのよしなしごと。

2011年09月

ラーメン食べたい

 そういう動画は元々あるんですけど。トマトPのが貴音さんで。


 ラーメンm@sterは、UKCの御隠居が、ふにゃてぃんm@sterで作った動画があって、これが9/13。
跡地
(字幕なし版)


 一方で、当のふにゃてぃんPは「IM@S密造酒宴会」というカクテルの裏企画を9/11から1人でこっそりやってたんだけど。

 この両方にそれぞれ乗っかる人が次々と出て来て、それをさらにUKCPがいっしょくたにまとめてしまったわけですが。

「企画告知!! IM@S密造酒宴会」跡地
「IM@S密造酒宴会 ラーメン部会」跡地。ラーメンm@sterのメドレー動画。

 この「IM@S密造酒宴会」の方はタグがあって、普通に盛り上がってます。ふにゃてぃんP、アリシャスP、むすひらP、UKCP、かりふらP、94P。通りすがりの吊さんとか、いかにもなメンツで。

 で、一方で、よくわからないまま広がったラーメンm@sterの方をどんどん貼っちゃおうね、みたいな。


 wyrdP。観光地楽団。鈴木さえ子の脱力した歌がいい。あとタグの「そんなことよりおうどんたべたい」。映像は、ふにゃてぃんm@sterであるUKCPのMADを素材に使ったもの。



 nu氏の、ふにゃてぃんm@sterのUKCPm@sterしたwyrdPを素材にして大胆な編集技を見せる動画。インスト曲なのでラーメン関係ないようですが、脱力加減で通じるものがある。



 どぶろくP。ギターウルフ「ラーメン深夜3時」でいいのかな。ふにゃてぃんm@sterしたUKCPm@sterしたwyrdm@sterしたnum@ster。データモッシュ的に壊れた映像が、何度も使い回した結果のようでいいです。



 小滝詠一「冷麺で恋をして」というパロディソング。歌ってるのは 東MAX。ふにゃてぃんP本人による、ふにゃてぃんm@sterのUKCm@ster、だと思う。こんな歌あったんだw。



 もぼぞんえP。料理の名前を並べた歌なんですが、冷麺とか五目蕎麦は出てくるけど、よく聞くとラーメン登場してないというw。素材はふにゃてぃんP→UKCP→かな? カメラが恐いくらいのドUPで、難しい漢字が並んで、こういうのなんていうんですかね、アングラ?


 密造酒は、ふにゃてぃんPが1人でやってたにしろ、UKCPの後付もあって、一応企画としては成り立っているんですけれど、こちらラーメンm@sterの方は、ただの連鎖反応が続いただけで企画でもなんでもないというのが。でも、まとめて見ると楽しいですから。それでいいと思います。

09/05〜09/08


 しへんP。あずささんの未来。じっくりとコミュ中心にあずささんの物語を描いてアイマス2に繋ぐ。ありそうでなかったものです。たまに、どこからともなくポツンと凄い動画出てくるのが、あずささんらしいというか。



 mmP。アニマスのあずさ回の曲と映像を使ってダンスPVに仕上げた動画。↑の動画のような感じで、昔のニコマスは、ダンスの味付けにコミュの挿入や、静止画やフラッシュによる演出など様々な工夫が為されたものですが、その代わりにいい感じでアニマス素材を挿入できるようになったのだなあと。PV系の新しい流れですね。



 ズンズン氏。ジュピター用のDLCカタログPVを作ってしまったもの。小ネタも楽しく、自然さが凄い。



 タイトル通り、ボカロ動画。映像の方は真美のノーマルPV。ラップのところが可愛いので。なんというかボカロ特有のイントネーションがただの訛りに聞こえてくるのは、おかしいのだろうか。



 パジャマP。キラキラ光らせるエフェクトは顔に部分的にかかった時(特に目)に美しくないのですが、この動画ではそういう意味で引っ掛かるところがあまりなくて、3分でスッキリとまとまってます。歌は男性Voですが、声の太さと貴音さんが合っているので素直に見れる。貴音のパンゴシは個性的ですが、この曲だとぴったり合ってるのがまた。



 UKCP。これはパジャマm@sterではなくて、自前素材のバロックm@sterでしょう。キャンディレディでたかゆき、嵐の野外ステージと、退廃的な空気がいかにもUKCPかと。選曲的にも一般的というか世間的なイメージのバロックという感じ。



 218P。これは最高傑作じゃないかと。5分半、重々しく荘厳で、閣下と閣下の魅力を存分に知らしめていると思います。パンゴシの蒼の翼という出で立ちがもう。セピアな色遣いからカラーになる後半の盛り上がりも素晴らしい。ちなみに後に英語版もupされております。



 いずみ氏。タイトル通り。qb氏がマイリスしてたので知りました。アイマスタグなしで、海中エフェクトの中で昆布とわかめが踊っているだけのアイマス成分が曲しかない動画です。なんというか、普通に環境映像として見てておもしろいので。だって、昆布が踊るんだよ?



 影彦P。なんとやよいが主役のトリオ。やよいおり+響の新ロリトリオとでもいうか。独特なスローによる見せ方と溜めのカットワークが雄弁で、ちょっと違うロリ動画になっております。でも可愛い。



 NaGNaG氏。千早によるカバー。画面を見るような映像処理とミドルカメラが平坦な印象を与えるようで、ここぞというところでしっかりUPの表情を捉えていて、スローも美しい。終盤でどんどん魅力が増していくような作りがグッと来ます。

09/03〜09/05


 UKCP。パジャマm@ster。1分半の小品で、元動画と曲の違うバロックm@sterなのですが、同じバロックでも選曲が違うとやっぱり違うなあと思います。バロック言うても、パジャマPのそれはかなり濃ゆいのだと改めて思う、いや知らんけど。



 ふにゃてぃんP。はりけんm@sterの「I want」を、かっちりとしたR&Bにスローで合わせてしまうという。衣装だってパンゴシで、つまりパンキッシュでゴシックなわけで。なので、実に大人びた優美なPVに見えるのが不思議でしょうがないのですが。



 はにまるP。今の真には珍しい、残念なイケメンネタ。なのですが、コミカルなダンスがはまってますし、それ以上に雪歩のギャルっぷりが素晴らしいw。



 こっちは元祖パジャマP。バロックではないようで im@sclassicタグのみついています。軽やかなフルートと、光と影で雰囲気を変えるパンゴシ雪歩がはまってて綺麗だなと。バレエのようで。



 爽快P。曲は「サザエさん」なのだけど、バックがハードコア…スピードコア、とタグがありますね。ここいらは微妙にジャンルが細かいのでよくわかりません。ともあれ、1:10とすぐ終わるし、軽快でよろしいかと。「I want」の大きなキメが、単調なビートの中でよい"間"を作ってると思う。



 一一P。エモってことで。挑発的な大人の女性をあずささんで。昨今でももう、ほとんどないですね、こういうあずささんの動画。音の方も、男性Voではあるものの、重心が低くてかっちりしたビートを刻んでいてかっこいい。relationsにしろ迷走mindにしろ、この曲のテンポだと遅めになりますが、悠々と踊るあずささんの貫禄を見せ付ける結果になっています。



 ボクセル風MMDで知られる2000氏。じゅんぐりに出発して滑り台をゆったりと進んでいくアイドル風ブロックというかブロック風アイドルというか。見ててなんとも和みましたし、オチも綺麗。更には最後に「ピタゴラスイッチ」を「Pタゴラスイッチ」とすることでダメ押し。頭の柔らかさと丁寧さ。



 アドP。平沢進。雄大に平沢ボイスが響き渡る5分。基本的には細かいビートで軽快に踊っていて、海岸ステージにハワイアン衣装が合っているのですが、じわじわと聞いてくる「ドー」の合いの手と、ここぞというところのUPの見せ方で雄大さを損なわない。中弛みしない丁寧な構成にして、曲のキメどころや盛り上がりがアイドルを見せる為に機能している。ダンスPVの円熟というものがここにあると。



 見斬りP。なんでも、SFCソフト『星のカービィ スーパーデラックス』のサブゲームというものの再現。一瞬のタイミングでボタンを押すことで勝ち負けが決まるゲームのようですが、そのコミカルな勝負展開をMMDでパロディーにしたもの。元動画からしてシュールなのですが、このニコマス版も味があって好きです。



 エスプリP。エキシビジョンということで、MMD杯参加作のメイキング。見応えある作りで、各シーンの背景が、1つの世界としてデザインされたものであるのは驚きました。当然、俯瞰するとすげーシュールw。普段、借り物素材のステージPVに慣れていると、MMD杯で当たり前のように自作ステージ使っている作品を見て衝撃を受けるわけで。

押さえておくといいプログレッシブロック曲(非アイマス)

 メタラーである、だめひゅさんとの交流を意図した誰得企画。記事はすぐには埋まらないと思われるため、とりあえず名前だけ羅列しておいて、随時更新する予定。尚、適切な動画のないバンドはリストから消えるかもw。(追記:リスト完成したのでインデックス代わりのこの記事を最後にもってきました。)

*5大バンド
King Crimson
ELP(Emerson Lake and Palmer)
Pink Floyd
Yes
Genesis
*英国
マイク・オールドフィールド
UK , ブラフォード
VDGG(VAN DER GRAAF GENERATOR)
Gentle Giant , The Moody Blues
Jethro Tull , Procol Harum
*英国カンタベリー系
ソフトマシーン , キャラバン , キャメル , ハットフィールド&ザ・ノース
*英国レコメン系(実際には英国以外も含まれる)
ヘンリーカウ , スラップハッピー
*ジャーマンロック
NEU! , CAN , Manuel Gottsching(アシュラテンペル、アシュラ)
*イタリア
PFM , イル・バレット・ディ・ブロンゾ , Arti E Mestieri , アレア , バンコ , ゴブリン
*オランダ
フォーカス
*フランス
ゴング , アトール , エルドン , MAGMA
*北米
カンサス , RUSH , フランクザッパ
*ベルギー
ユニヴェルゼロ
*北欧
ペッカポーヨラ , サムラママスマンナ , マッツ&モーガン
*日本
マンドレイク , ティポグラフィカ , Mr.シリウス , 四人囃子
KENSO , 美狂乱 , 難波弘之 & Sense Of Wonder , アインソフ , 畑亜貴
*プログレメタル
メシュガー , シニック , メコンデルタ

押さえておくといいプログレッシブロック曲(非アイマス)#19

 インデックス代わり

 プログレメタルについて。ボーナストラック的にメタル勢を。ドリームシアターとか、クイーンズライクじゃないやつを。
続きを読む