Augenblicke

主にニコニコ動画のアイドルマスターMADについてのよしなしごと。

2012年04月

おおぅ

43011a


43011b


43011c


43011d


43011e


43011f

(以下繰り返し・・・て感じの歌なんですが)

 春香さん素材でいろいろやる人というと、笹でも食ってろシリーズのきっさらPとか、なりそまそうとした春香さんシリーズのLaikuu氏とかいますけど。デビューから2年半、アイマスタグを外してから1年になる一一Pが、ここに来て初めてBB素材使うとか。氏が使う以上、これしかないという必然性がある、内面の対話の歌なんですから。コーラスの絡む部分に異なるダンスを当てる、というのが主眼でもあり、しっかしシンクロもさせてある。そしてトリプル春香さんは可愛い。


--------

 追記。一一Pは抜きは初めてじゃないですよと指摘があったので。そんな指摘のできる人が界隈に何人いるだろうかと考えれば誰だかわかってしまうレベルですが。

 ↓これは2010洋楽m@ster の参加動画。


 ↑これが抜きを使った最後の動画だったもの。えーと1年半前? NoNoWire10に出された動画ですね、NoNoWireは割と似た構造の動画があるので、こんがらがったようです。

 これはNoNoWire09の獣道を逆走Pの動画。

 これはNoNoWireじゃないけど SquarePのSquarepusherの曲で参加した2010洋楽m@ster。

 これら5つの動画を時系列順に並べると、雪歩→雪歩→真→伊織→伊織で・・・なんか・・・紛らわしいでしょ(^^;)。いえ言い訳ですねすみません。

ふむ。

 続きを読む

マチ★アソビVol.8(5/3〜5)について

 例によってギリギリまで詳細不明な徳島のヲタクイベントですが。今回、シンデレラガールズのイベント(歌うらしいがメインはトークと思われる)があるということで、やっと詳細のわかったところをざっとメモしました。

公式HP 
公式HPの中のイベント一覧ページ(ただし未完成と思われる)
マチ★アソビタウン(非公式マチアソビ情報blog。公式の情報を整理してくれるのでわかり易い)
ツイッター垢

 マチアソビは年に春・秋・冬の3回で、秋がいちばん大規模。今回は春なので眉山の会場は使いません。 よってメインのステージはufotableカフェやシネマのある川辺だけど。
mamap

 赤いがステージ、青×がufotableシネマで赤×ufotableカフェ。赤い波線辺りがボードウォークで屋台がずらっと並びます。ステージはご覧のように、車線より狭いスペースなのな(^^;)。100人も来ればギュウギュウです。推して知るべし。

 駅前西側にある小さなアーケード「ポッポ街」と、新町川沿いにあるufotableカフェ内と、そのカフェのある川沿い(新町ボードウォーク)では、終日展示やアイテムショップ等があります。

 ポッポ街の方ではエロゲメーカーの販促イベント的なものもあるようですが、どのくらいの規模なのは行ったことないのでわかんない。

 カフェの近くにあるufotableシネマでは、朝10時くらいから、ほぼ1日、何らかのアニメ上映と、小さなイベントをやってます。

 まあそれらは興味あれば自分でチェックしていただくとして、メインっぽいトークやライブのイベントを抜粋するとこんな感じ。

5/3(木)
*新町橋東公園

13:00-14:30 「Fate/zero」2期主題歌LIVE(Kalafina、春奈るな)
17:30-18:30 「黄昏乙女×アムネジア」トーク&ライブ
18:30-19:30 ロボティクス・ノーツ&5pbライブ
(6月発売予定の5pbのゲームだそうで)

5/4(金)
*あわぎんホール

15:00-17:00 デジタルクリエイター人材発掘セミナー 大塚明夫

(当日朝10時ホール4Fで整理券配布。一般1000円学生無料。)

*新町橋東公園

10:00-11:00 吉本興業お笑いスペシャル
(アムロ・レイのモノマネで有名な「若井おさむ」という芸人さんが来るそうで)
11:00-11:30 ご当地声優アイドルライブ
11:30-12:00 アニメ制作会社代表放談
12:00-12:30 チャリティーオークション
13:00-14:00 皆谷尚美ライブ
14:00-14:30 COSPAじゃんけん大会
14:30-15:30 コスプレファッションショー
15:30-16:30 つきねこLive
17:00-17:30 シンデレラガールズ・トークショー
17:30-18:30 MOSAIC.WAVライブ

※この日は川沿いのボードウォーク(終日)と、シネマの入り口(19-22:00)で、業界関係者のトークがあるらしい。スケジュールのアバウトさから考えて、期待したものかどうか不明だw

5/5(土)
*新町橋東公園

10:00-11:00 アニメミライを120%活用する方法
11:00-12:00 ノイタミナラジオ公開録音
12:00-12:30 チャリティーオークション
12:45-13:30 「スカーレッドライダーゼクス」トークイベント(乙女ゲーだそうで)
13:30-14:30 NITORO SUPER SONIC in マチアソビ
(いとうかなこ、VERTUEUXのライブ)
14:30-15:30 Fate/Zeroトークセッション 
15:30-16:30 まなびストレートBD BOXジャケット公式選挙
16:30-17:30 モーレツ宇宙海賊イメージソング他ライブ
17:30-18:30 MOSAIC.WAVライブ(2回目。多分選曲変える)

※こうして予定見ると時間がきっちり詰まってるところあるけど、進行が押してずれることもあると思っていいです。

*しんまちボードウォーク(川沿いの屋台の並ぶ辺りのことです)

13:00-14:00 「みのりスクランブル」公開インタビュー

*ufotableカフェ

19:00-20:00 いとうかなこ・VERTUEUXアコースティックライブ
(同じ日の昼のライブのアコースティック版。需要がどんだけあるかしらんが、小さな店なのでめちゃ混むでしょう。整理券とかあるのか不明)

----

 あと、つきねこ について。ドラマCDを中心に展開している企画で、劇団「つき猫座」を中心とするドタバタコメディ、とのこと。主催と繋がりがあるのか、マチアソビでは常連です。参加声優が今井 麻美、喜多村 英梨、阿久津 加菜、五十嵐 裕美、ということで、ミンゴスがマチアソビに来たのも「つきねこ」絡みですし、今回のシンデレラガールズのイベントをマチアソビでやることになったのも、杏の中の人、五十嵐さんが「つきねこ」のメンバーだから、ということだと思いますので、知っておいてもいいだろうと。(追記:今回はミンゴスは来ません、念のため)。

 以上。

それはそれとして

 週末のツイッターでニャル子さんOPの元ネタはゴスペルである、という結論になって、じゃあ電波ソングはヲタと神とアーティストの三位一体なのか、という話はアイマス関係ないからおいといて。

 週末のニコマスが素晴らしかったんですね。ちょうどディスコ祭の最終日で駆け込みUPが多かったんですが、その中に幾つかすげー動画があって。呼応するように上がったエムツーPの新作も凄かった。

 エムツーPは、千早に関しては、彼女のイメージを払拭するかのような明るくスタイリッシュな動画を上げて来たんですが、元々、千早以外では抉るような猥雑な動画を上げていたりする人で。この新作は千早じゃなくて はるまこ。春菊というタグがゴロがいいので使われますが。それでまあ、このPの表と裏が合わさったような隠微でエロティックな最高の仕上がりでございましてですね。そら、はるまこでこんなエロスタイリッシュな動画作ったら金のPも広告いれるだろうと。特に終盤の畳みかけがグッとくる。
 あと、この表情の対比とか。
0423a

 前後するけどルカニP(仮)のディスコ祭もはるまこでしてね。

 ゆきおんPリスペクト(sm1229601)とのことですが、絵作りはルカニPそのものだと思います。ゆきおんPのは真ソロで、ダンスPVそのものなんですが、ルカニPのこの動画はむしろ絵作りと間合いで見せるセンスにものを言わせるタイプ。あと歌ってる人も違います。とはいえ、今、ゆきおんPという名前が出てくること自体が、凄いでしょう。
 ここでもはるまこの対比が。2春香さんイケメンやなあ。
0423b

0423c

 とまあ、ここまではある程度スタイリッシュな動画ですが、一番驚いたのは、それらよりも、もっと無骨なダンスPVのこれ。

 kotoraPは一応、2011年5月のボサカサ民族音楽祭にジプシーキングスで上げたのが処女作(実際はテスト2回目のつもりだったとか)なんですが、見比べるといろいろ納得いきます。選曲のテイストが今回と似通ってるので。要するに、こういう曲って、ダンス合わせようがないんですよ。振り付けとか度外視で自由に体を揺すればいいような曲なんです。本来ならばデビュー作のように、グルーヴは棚上げして拍子の帳尻だけ合わせるしかないような動画になるでしょう。

 同じことは、しおPの「ブギー・ワンダーランド」にも言えて、しおPは、昔から、同様にアイマスのダンスじゃどうにもならないような曲をどうにかしてきた人なんで、潜った修羅場の数が違うという感じで、ここでもどうにかねじ伏せています。

 が、ここまでやっても、やはりこの曲のダンスとは見えない。創作ダンスのBGMにこの曲を使った、くらいの様相。というか、そもそもこういう曲はリズムのラインが複数あって立体的なアンサンブルになってるわけです。1本の線で合わせようとしても無理なんで、二つのラインのぶつかりあいによる緊張と解放というものが見えて初めてグルーヴになるんで。

 このEW&Fの曲の場合、コーラスがリズム隊を微妙に裏打ちして追っかけてる「少し遅れて聞こえてくるよ」状態なんですね、それが緊張感を高める。それが「わんだあらーんんん!!」の直前で半拍飛ばしてズレを元に戻しているので、ここで一気に解放されるわけです。こういうタメとキメが延々繰り返されるのが醍醐味なんですが、ダンスでそういう天丼状態を再現するのは極めて難しい。

 赤菱Pなんかはそこいらをうまく処理しています。要は画面分割でタメを作ってアップカメラでキメを作っている。それをオールスターで対象アイドルを変えることで、同じような盛り上がりの繰り返しを手を変え品を変え、順繰りに見せていくからうまく成り立っているということです。

 とはいえ、こういうダンスの構成と言うのは、それこそ赤菱Pや、ゆきおんPのいた07年の手法であって、今のニコマスでは死に絶えつつあるものです。2009年辺りにはまだいたシンクロ職人達も、今や1人減り、2人減りと、数えるほどの存在になりつつある。昨今頭角を現しているカットやエフェクトで鋭角的なビートに合わせる手法は、こういうビートの揺らぎの表現とは似て非なるものです。

 まあでも、kotoraPはそれをやってるんですね、新作で。「Long Train Runnin' 」という曲をよく聞けば、各楽器が異なるリズムを刻んで鬼ごっこするように絡み合っているのがわかると思います。それに対応する最初の10秒間。緊張と解放のモデルと言っても良いカット構成を見て、背筋がぞわりとしました。クライマックスの2:48〜2:55とか神です。技術的にそんな特別なことはやってないんですよ。ただ、曲を聞いて、どこでダンスを"揺らして"どこで"キメる"かを的確に掴んで構成する。それを全体通して追究したらこうなった、ということです。

 今のニコマス。まあ言わばドーナツ化、ですね。中心がアングラ化して、MMD、アニマス、モバマス、と外へ外へと広がっている。まあ常識的に言えば今の中心はノベマスなんでしょうが、そこには「超ノベ」なる公式からの大きなクサビによって、標準装備である立ち絵というものを否定され、ドーナツの中にまたドーナツ、みたいな奇妙なことになっています。

 私みたいに与党あっての野党みたいな人間は、もう与党も野党もないような今のニコマスでやることはないなあという感じなんですが。そういう人間はね、こういう時に驚くんですよ。

 あとね、はりけんPの新作にありったけのニコポイント突っ込もうとしたら、重くて広告設定画面がフリーズしまくるので諦めたとかね、最近そんな感じです。


はるたんより

 例によってというか、貼るだけ。
403009

403101

403102

403419

403442

403503

403508

403512

403540

403630


 218P。 聖飢魔供K楽をバックに流れるように踊る春香さんが美しいです。