Augenblicke

主にニコニコ動画のアイドルマスターMADについてのよしなしごと。

2014年02月

スマホに閉じ込められるSFホラーとかないんですかね

 これは雑談なんだけれども。私は今、デレマスとミリマスと神撃のバハムートと戦国SAGAとガールフレンド(仮)と艦隊これくしょんをやっているんだけれども。基本的にはもううんざりしています。というか腱鞘炎じゃなかろかと。手首も指の間接も痛いんですマジで。

 それはそれとして。

 始まった頃のソシャゲってユーザーは使い捨てで、ゲームそのものも人気なくなったら終わればいいみたいな、先の事は考えずに数撃ってれば当たる、みたいなイメージがありました。その結果、幾つかのタイトルは実際に終了することになった。

 で、残りはだらだらと続けていくのかというと、まあバハムートなんかは実験場と呼ばれているくらい、常にいろんな試みをしては、うまくいかなかったら止める、を繰り返しているんですが、一方で、同じシステムで、うまく行ったシステムだけを後から追っかけている、戦国SAGAがあったんですけど、こちらの方が基本的な鯖の保守やイベントの運用からして危なっかしかったこともあって、継続が危ぶまれて結局、運営が子会社に変更されて継続、という格好になったんですが、その後も、ずっと運営は保守的だったんです。

 それが新年辺りから世界観を一新して、運用も少しずつ変わってきた。バハムートでも、同じ人物を何度も登場させて、キャラ人気を定着させて大河ドラマ的に動かしていくというのは早くからやってたんですが、SAGAのイベントは、もうずっと同じ主人公、同じ世界観で話を動かしています。イベント毎に新たな主人公、新たな世界観を軽薄に作っては使い捨て、というのを止めてしまった。

 まあそこまでは、ソシャゲも生き残るためにいろいろ考えてはいるんだなあ、で終わる話なんですけど。

 一旦、話変えるけどデレマスの4コママンガは、誰でも読める無料コンテンツで、バハムートもマネして4コママンガ初めて、一方でストーリーマンガまで連載始めてます。で、デレマスは更に不定期ながらショートストーリーをUPして、これまた誰でも読めるようにしてある。

 ミリマスも、ある日突然、ボイスドラマを始めて、これも無料で誰でも聞ける。一方でドラマシアターという新たな遊びも初めて、やっぱり無料ですよね。

 ここら辺までは、何だかわかんない事を始めたけど、まあ前向きに努力してるんだから良いことだよな、と漠然と受け止めていたんですが。

 ガールフレンド(仮)がですね、今のところ音声なしのショートストーリーですけども、ゲームの中でクエストやバトルを自然回復の範囲で行うだけでゲージが回復して続きが読めるという無料のコンテンツを始めました。

 で、話を戻すと、戦国SAGAも、新たな主人公と世界観を説明するための補足的な物語が、無料のクエストをこなすだけでどんどん読めるというコンテンツを始めているんですよ。

 気がつくと、私がやってる重課金ゲーとして知られているソシャゲが、悉く補完的な無課金コンテンツを伴う形態に変化してるんですね。まあ面白いかどうかはともかく、無課金でログインするだけで、なんやかんやすることがあるものになっているとは言える。これは一過性のものなんだろうか。私情弱なんで、何が起きているのかよくわかりません。

 まあ根本的にはこれらの重課金ゲーはユーザーを人間関係で無理矢理繋ぎ止めてるようなもんで、その積もり積もったストレスゆえに、一度ログインしなくなってしまうと見るのも嫌ってな感じにモチベが下がってしまいます。なので、ユーザーは切り捨てなんだろうなあと思って来たけれども、ソシャゲ衰退の昨今では、今いるユーザーをいかに繋ぎ止めておくか、という努力を今更ながら始めたのかなあと。そういうことですかね。

 艦これが、無課金無課金と大騒ぎされた影響かもですが、直接の関連は見えないのがあれです。


 特にオチはないですけども、ミリマスを今から始めようって人は、今の内に北沢さんのボイスドラマを聞いておくべきですよね。今はもう佐竹ちゃんのドラマが始まってて、あれ、古い物から消えていくみたいだから。

 

LTPのお薦めとか

 映画を機会に語られることも増えたので、これまで使ってきたグリマスという表記をミリマスに改めようか、とか思っているんですけど、使い慣れてるんでつい、グリマスと書いちゃったりしてます、すみません。語感としてはグリマスの方が好きだったり。

 さて。ミリオンライブのCD、 IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE略してLTPと呼ばれてますが、はどれから聞けばいいの? なんて話題も出るご時勢になりました。このblogは辺境なんで実質意味はなさそうですが、CDも枚数がこれだけ増えてくると、そういう話も楽しいとは思います。
--------

 先に悲しいお知らせをしておくと、LTPの10。09があれだけ凝ったので、次は気楽に作ってくるんじゃないかと思ってはいましたが。実際、肩の力の抜けた内容だと思うんですが。あろうことか、また音質が劣化しています。コンプレッサがどうのとか、レンジが狭いとか局地的なものではなくて、単純に、音が濁ってるw。スタジオか機材が変わったのかなという感じです。中低音がかなり張り出していて、どっしりとした安定感はあるんですけど、透明感が犠牲になっております。で、まつり姫の曲にしろ、高坂さん曲にしろ、深く考えずに大音量でバリバリ鳴らせば特に問題ないというかすげーかっこいいんですが。問題は貴音さんのバラードと、全員曲「瞳の中のシリウス」で。どっちもじっくり聞くタイプの曲なんで、じわじわと、もっと良い音だったらなあという気持ちになってきます。しかしまあ「瞳の中のシリウス」は凄くいい曲なんで、フルで聞く価値は十分にあるかと。ちょっとライブじゃ再現できないんじゃないかという高難易度の曲ですね。

 ドラマ的には、今回小鳥さんが参加して突っ込み役ですけど。あの天然4人を相手にするには足りないというか、要するにPも律ちゃんもいないと思って好き放題する回となっとります。コメディ的にはこうなるのが自然なんでしょうけど、ぶっちゃけ、やり過ぎてるので、後で律っちゃんにバレた時に、まつり姫がどうなるかを思うと複雑です(^^;)。世の中、悪気がなければいいってものじゃないよなと……。
--------

 LTPのお薦めについて。

 映画に絡んだ話題でもあるので、横山奈緒、望月杏奈のいる03か、北沢志保のいる04、この2枚は外せません。映画では目立ってた関西弁の横山ちゃんと、春香さんに正論で食らいついて多くの人に強い印象を残した一匹狼の志保さんと、好きな方で選べばいいと思います。どちらもLTP屈指の名盤でもあるので!
*ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン/横山奈緒

*ライアー・ルージュ/北沢志保


 03には、アイマス8thで強烈なインパクトを放っていた響の「リベリオン」も収録、LTP最大の熱量を誇るエネルギッシュな1枚です。対する北沢さんの04には千早の柔らかいバラード「Snow White」が入っています、これも名曲。LTPの中でもガチな曲が集まった1枚になっています。まあ、ドラマパートはミリマスきっての狂言回しである所恵美ちゃんが全部持ってくんですけども。

 余力があるなら次の候補は映画組から箱崎星梨花、七尾百合子のいる02(765からは春香さん)、伊織の05、律っちゃんの09ですね。
 02は最初のアルバム(01はシングルの「ThankYou!!」)として、トータルで聞き応えのあるバラエティに富んだ曲が入っていますが、ドラマパートの方がまだ慣れていなくて固い印象があります。それでもアイマス8thでその威力を知らしめた最上静香の「Precious Grain」、更には天空橋朋花「Maria Trap」の唯一無二の迫力は必聴です。
*Precious Grain/最上静香


 05は恐らくはもっとも完成度の高い、LTP最高峰と言ってよい1枚です。映画出演メンバーはいませんが、これを最初に聞いてもらっても差し支えありません。冒頭のぶち切れる伊織から、ラストの大団円の全員曲まで、シナリオ、楽曲とも高水準で隙がありません。
*「BeMyBoy/百瀬莉緒」「微笑み日和/エミリー・スチュアート」


 映画組最年長である佐竹美奈子ちゃんのいる09はですね。05で一旦クオリティを極めた後に、LTPは過渡期とも言える段階に入って、いろいろ試してる雰囲気になるんですが、そう言った実験性を完成度と両立させようと、勝負に出た1枚というのが適切かと思います。まあ、そんな身構えて聞くような内容でもなくて楽しい内容になってますが、じっくりと聞き込むと、一癖も二癖もあるわかる人にはわかる、凝った内容(^^;)。レコーディングの質的にも現段階最強でしょう。あと、りえしょんこと村川梨衣‎演じる松田亜里沙の参加してることでも話題になりました。というか、ドラマパートは松田ちゃん1色。
*Helloコンチェルト(全員曲)



 とまあ、このまま全部について語ってもいいですけどw、あとは、気になるキャラのいるCDを買えばいいと思います。映画組の最後の1人、矢吹ちゃんは、やよいと一緒に08にいます。やよいと矢吹ちゃんが好きなら必聴です。08は矢吹ちゃんが14歳で、他はやよいより年下のメンバーという、独特の構成になっているので、好きな人にはたまらないと思いますがロリ属性のない人もいるかもしれないので。同様に、美希が好きな人は06は必聴、あずささんが好きなら07が必聴という感じで、必殺の1曲というのはどのCDにも入っていますので、特にハズレというのはないです。
 現時点で、LTP11が真と真美、12が雪歩、13が亜美ということで、これらは未発売です。

 ダラダラと書いてきましたがでは、この辺で。