Augenblicke

主にニコニコ動画のアイドルマスターMADについてのよしなしごと。

2014年08月

例によってCD談義

 「虹色ミラクル」はね、BDと聞き比べなきゃと思ってダラダラそのままになってたんですが、次のCDも出ましたので、とりあえず普通に聞きました。うん、リマスタリングした感じですね。「ラムネ色」より格段に良くなったというよりも、録音された音はそのままで音場がリファインされて空間がぐっと広かった感じ。そういう修正作業でリリースが遅れたんじゃないかなという。

 で、「ONLY MY NOTE」の音の密度、広い空間に音がぎっしり詰まった感じと比べると、やっぱこっちがコロンビアの本気であって、劇場版の方はマスピ含めてちょっと大人の事情を感じます。そらもう、こっちの方が安心して聞いていられる。MA3も安泰だろうと。この曲は歌詞がおもしろいですね、それなりに歩いてきたつもりでも、毎日が新しくてまだゴールは見えなくて、という微妙にベテランな空気。1歩1歩、着実に、みたいなビートでもあるし、ちょっとなかったアイドルソングという気がする。

 で、「アクセルレーション」。前の続きで聞くと、音が小さめで、端正にまとまって聞こえる、紹介PVでもそんな感じに聞こえてそんなインパクトはない第一印象だったんですが、どうもイントロとかギターがどう鳴ってるのかわからないので、音量を上げてみたら、世界が一変しました。

 無茶苦茶凄いですね、この曲。

 これ、ドラムは生じゃないですかね。そして、物凄い勢いで連打されてますね。ギターは2本で静かなところではアコギっぽいけど定位がリードギターと同じなのでダブルネックかもです。その上で分厚いキーボードが被さって、屋台骨を支配してるので、ギターが2本うなりを上げているのに荒さを感じさせずに、端正にまとまって聞こえるんですね。
 イントロでもいまいちギターが目立たないのは、骨格となるビートはキーボードが支えてて、ギターは一応前に出て聞こえるけど実際はカウンターとして鳴ってるんですね。バンドのアレンジがこんなだったら、どっちが目立つべきかで揉めると思います(^^;)、それくらい危ういバランスでアレンジされてる、普通のバンドだったらこんな風にはしないと思います。エレピのような音が「クァーン!」と響くと、それまでギターが暴れてても瞬時で鍵盤に頭を抑えられて(^^;)、歌へとスムーズに繋がる。一方で、ギターが退くと、今度は下の方でベースが暴れだす。落ち着きなく曲の構成も変転して行って、最後まで歌とリズムとギターとキーボードがせめぎあったまま、ギターが急ブレーキをかけるようにして、曲が終る。
 デレマスの星輝子の「毒キノコ伝説」も、いわゆる起承転結にならない変則的な曲なんですが、この「アクセルレーション」も、ところどころサビが復活する以外、どこがどう繋がってるかよくわからないまま気がつくと終っている(^^;)。一応4分ある長めの曲なんですけどね、緩急自在、天衣無縫、今にも爆発四散しそうなエネルギーが端正な歌メロに繋ぎとめられて乗りこなされるという印象です。だから小さな音量だと、歌しか聞こえない感じになるんですね。爆音で聞いてみましょう、こんなんとてもライブで再現できないことになってます。

 いわゆるオバマスが世に出た時は衝撃でしたが、その後、ジュピターの「Alice or Guilty」が世に出て、デレマスのしぶりんが「蒼穹」をカバーしたときも、何気に凄まじいアレンジだったりしまして。で、「毒キノコ伝説」があってと。それだけの下敷きがあってこそ、このくらいやらないと天才アイドルの楽曲とは言えねーぞ、ってなことになったんでしょうけど。いやはや、よくぞここまで来たと言いたい。なんでしたらカラオケも聞いてみてください。3:00〜3:15の静→動のクライマックスを爆音で。




 

 

雑談

 主に愚痴です。

 私はミリマスでは福田のり子推しなわけですが、今のイベント、のり子さん、ボーダー的な意味で最下位です。せっかく最下位なんだからこれは上位SRを狙っていくべきではないかと少し飴をぶっぱなしたんですけど、結果、その最下位のボーダーに全く届かないという結論に至りました。私、デッキはコスト18SR揃えでVo単属です。既にくじで引けるコスト15SRは2枚取れました。でも、飴の使い方の時点で気合というか桁1つ足りないみたいです。このイベントは少人数で争うことになりますから、ランキングは団子状態で、少し休んだだけで、どんどん順位が下がっていきます。実質、稼いでも稼いでも順位が下がっていく状態。最初は8位だったのが、50位台まで落ちました。
 恐ろしいのは、このイベントの性質からして、現在のボーダーは実質無意味だということで。報酬枠がどんどん増えていくから、という意味ではなくて、です。このイベントはハッピーサイリウムなるアイテムで出せる最上位レアフェスのボスを倒さないと、pt(点数)的には意味がない。でも、このアイテムは課金では買えないので、どれだけゲーム内で溜め込むかが勝負の肝になる。つまり、現在のボーダーは、あくまで「使ったアイテム」によるptであって、「ためこんでいるアイテム」がどれだけなのかは、わからない。100溜め込めば、大体30万pt、それを使い切るには20分もあれば十分でしょう。最終日の終盤、私とボーダーの間にいる内のたった10人が100人のボスを倒し切るだけで、わずか20分に300万ptが加算されます。今、福田のり子のボーダーは約35万ptです。どれだけ桁が違うかわかりますかって話です。もちろん、そこまでするプレイヤーが何人いるか、わかりません。私が言いたいのは、いざ接戦になれば、100の備蓄があっても20分しか全力は出せないということ。私ですか、12万ptまで稼いで諦めました。

 SideMの方が今、討伐イベントなんですけど、これが、応援は最初のワンパンは無償なんです。しかも、アピールポイントはどんどん自然回復するので、無課金でもかなり遊べるものになっています。正直、回復アイテムとか溜め込んでもこういう時にしか使い道がないので、ちまちま使ってガシャポイントを稼いだ方がよさげに思います。まあピエール君は2枚取りは100位なので無理っぽいですが、そこから10000位まではほぼ報酬は似たようなもんなので(^^;)、のんびりやれるかと。pt報酬は鷹城君2枚取れました。

 他には、ころあずこと、田所あずささんのデビューCD「Beyond Myself!」も聞きました。3曲ほど、ドラムが生です、逆に言えば、他の曲は、ドラムが凄く上手で自然に聞こえても、打ち込みです。生ドラムだと、激しいロック調の曲で本領発揮しそうだし、実際そういう曲もあるけど、面白いのは、打ち込みだと、じんわりと盛り上がるバラードがだめなんですね、ただゆっくりな曲のリズムをキープするなら打ち込みでもOKですが、じんわりと盛り上がる、この盛り上がりというのが、生ドラムでないと表現できないんです。シンバルの繊細な、あるいは感情こめた一発とかが、打ち込みだとどうしようもない。4曲目「Beautiful Wind」のことなんですが、そこが興味深かったですね。 
 それから、Machico氏にも同様のことを思いましたが、ころあず本来の歌がこのCDだとするなら、ミリマスの「Precious Grain」はむしろ、異色の存在なんだってことですね。ああいう、いわゆるミンゴス的な振り絞るような歌い方は、このCDではしていないです。テクニカルにも、パワフルにもならず、楽しそうに気楽に、等身大の感情を素直に表現する、というコンセプトだと思いました(尚、等身大というのは、不安だとか、自信がないとかいう言葉が歌詞のあちこちに登場するという意味でもありますw)。かと言ってお気楽な作りのアルバムかというとそんなことなくて、気合の入った仕上がりになっていると思います。ただ、音作り的にエフェクトをそんなにかけていない、まあストリングスなんかはバランス取るためにいじってあると思いましたが、全体に、素の近い楽器の音と、素に近いボーカルで、ライブに近い音で組み立てられていると思うし、それでも勝負ができるくらい、素材としての音と歌の質が高いものになっているという、いわばヘルシーな和食っぽい味付けのアルバムだと思いました。多分、ライブでも同じ雰囲気で再現できるんじゃないかと。目立ってはいないんですが、意外とゴリゴリしたギターが入っているのも興味深かったです。
 昨今では、歌い手の個性とかよりもお客のニーズに沿うというか、とっつき易い、いわばどっかで聞いたことのあるような画一的な作りが、ポップス方面では特に多いと思うんですが、その意味では、曲こそ、明るいストレートな曲が多いですけど(心に染み渡るバラードも入ってます念のため)、音作り的には、どっかで聞いたことがあるようなことは、実はないだろう、かなり個性のある仕上がりになっていると思います。先に和食のようなと書きましたが昨今では圧倒的にファーストフード的な音が多いわけで。もちろん、ころあずの歌だから、それができたわけで。大事にされているなと感じる1枚だということで結論でしょうか。

 以上です、ではでは。