アニデレとかデレステとかでファン層の広がる昨今、そういう層にも読めるものを書ける気が全くしない。ただのメモ書きです。

 「M@GIC」のCD届いた。聞いて初めて気が付いた。最初は、「Shine!!」と比べて何だか音に透明感がない。凄く音質的に期待してたのであれ? と思ったが、直に理由に思いあたって奮えた。恐る恐るクレジットを調べて大当たり。ドラムが生だ。このドカドカと畳み掛けるドラムは人間が叩いてる。だったら打ち込みよりも音が曇るのもわかる。ここに来て、生ドラムが戻ってくるとは。コロンビア偉いよくぞやってくれた。

 もう何も恐くない後は「Wonder goes on!! 」見れれば多くは望まない安心して死ねると思って「シンデレラの舞踏会」ことデレマス3rdライブ2日目のLV会場に行ったらBGMで「Wonder goes on!! 」流れてたので一気に真っ暗に。BGMに流れたら普通、ステージではやらない。で、見た人はご存知の通り、ちゃんとやったのである。うーむ、謎だ。ともあれ救われたのであった。

 いろいろ思うところはある。アイマスのライブの流れとして、シンデレラの3rdをどう扱うか、そしてアニデレ後の集大成をどう考えるか、その答えというものが、作り手側にあっただろう。

 シンデレラの2ndは、いろいろ考えさせられた。すなわち、変化を、(無印アイマスやミリマスとの)差別化という課題をどうするか。また、新たに参入する声優さんと、既存のメンバーとのギャップをどう扱うか。そしてもちろん、人数が限られるなら、誰を登場させて、代わりに誰が退くのか。それらについての試金石という役割のあるライブだった。

 そんないろんなものを抱えて、ついでに会場的に音響があまりスムーズでないのはまあ、いつもの事だったりして。結果的に、大掛かりで複雑で、しかし、散漫にはならずに緊張感のあるライブになったと思う。

 初日にはたくさんの伏線があった。いや伏線じゃなかったのかも知れないけど。

 ミリオンのライブでは、限られたメンツでライブを行なう関係で、曲とメンバーの関係が何でもありというか無茶苦茶だったりというのがあるけれども、それでも選曲的には安定してると思う、というかあまり飛び道具的な曲が多いわけでもないし。で、今回のデレマス舞踏会1日目は全体としては保守的で、既存のメンバー及び曲を聞かせる、じゃあ新機軸は2日目に持ってくるんだろう、それはいい。が、そう言い切るには選曲といい、メンバーといい、どこか歪。

 「あんずのうた」をキャンディアイランドでやってしまうのは序の口で。初日でいわゆる最強コンボの3曲である、杏、みくにゃん、ウサミンを全部やってしまってるが2日目大丈夫かという。一方でラブライカが1人もいない状態で「メモリーズ」やってしまうし、しかも、同じトロッコに、サイリウム持って踊ってるだけの飯屋さんがいるという謎状態。明らかにCo曲が少なく、そして、Cuでは大橋さんの見せ場が少なく、津田さんに到ってはソロ曲を歌っていない。はっきりしているのは、既存曲重視と言っても、参加経験の浅いメンバー、そして新規参加の人のステージが優遇されているということ。

 そして、終盤での飯屋さんがリードを取る大団円的な「つぼみ」から、ふーりんソロの「ネバネバ」という、逆なら全然不思議じゃないが、ちょっと信じられないような過酷な曲順。

 これらと格段にレベルアップしたステージ演出が合わさって、全力で支えるけれど、何があっても覚悟しとけという(^^;)、緊迫した空気の両方が流れるライブになっていたと思う。初日で言えば、三宅さんとさっつんの気迫のこもったステージにはそれぞれに、アニメが終って、今ここで頑張らずに次があるかなんてわからないという壮絶さを感じました。

 更には飯屋さんが「つぼみ」を背負うんだから、ふーりん、それに負けないくらいの「ネバネバ」を、この曲順でやってみろという。そういう修羅場をくぐった後だから、ニュージェネの3人が集まった時の、愛おしいくらいの安定感が生まれるわけで。


 この1日目を経て、新規参加の多い2日目。普通は2日目の方を安定させるでしょう。でも、1日目を見た後だから思える。スタッフは全力で新規の人を前に出してくる、と。クローネ組でそれが頂点に達するに違いないと。ならば自動的に、もう1つの主眼が来まる。初日で「つぼみ」に「ネバネバ」をぶつけたんだから、クローネ、つまりはトライアドプリムスにカウンターで突っ込むのは、初日に出番の少なかった、はっしーしかおらん、と。

 でも、私の頭には、もう1人、温存されている人がおりました。青木さんです。なつきちが来て、「Wonder goes on!!」、私がアニデレ以降、最も好きな曲が炸裂して、そこに、ごく普通の流れで「トゥワイライトスカイ」がぽんと置かれることはなかろうよと。

 この予想は結局半分当たりくらいで。だりなつ直結、でも「Wonder〜」はそこから離れて置かれるという結果になりましたが、まあ、演奏されただけでも良かったです、命繋がりました、ええ。

 新規参加である飯田さん。奏はクローネの中核だし、アニメで「トランシングパルス」が実際に登場するまでは、3rdライブの目玉は彼女しかないと思ってましたから、つまり、1stに楓、2ndに加蓮、と来て、3rdに匹敵する存在を置けるかと考えたら奏の「Hotel Moonside」以外に思いつかなかった。が、実際、新規参加の飯田さんにそこまで背負わせて大丈夫かと思ってましたが、演出スタッフががんばりましたね。そうでもしないと、実際歌の方は生声なのかCDなのかわからないくらいでしたし。むしろ、「ノクターン」で楓さんのポジションで東山さんとデュオしてみせたのがパフォーマンスとしては印象に残りました。

 ただ、CPでなくクローネ側の奏さんの、それもアニメでは登場してない曲のためにそこまでスタッフが演出に魂込めたということ。このことが意味するものはとても大きいと思います。2日目を取ってみても、楽曲毎のメンバーを、既存と新規に分けて、新人さん主体のユニットで回してる曲が多かった。その集大成が「アブソリュート9」という感じでした。

 すなわち、新しく入って来る人を優先的に見せていく、そういう方法を選択したということ。

 アニデレの最終回でもわかるように、大事なのはこれからだということ。この先も外へ向かって広がっていく、まだ途上にあるコンテンツとしてデレマスを扱っていくということ。先の見えない混沌としたデレマスのあり様の中で、いや、先は見る、そこは大事だと、そういう気概を感じたというのがトータルの感想としてありますね。

 さて、終始楽しそうだった大橋さんですが、私は、トライアドプリムスの直後にカウンターで「S(mile)ING!」だと思ってた。が、クローネから切れ目なく終盤に流れ込んでいったので、果たしてどうなるのかと感動的に盛り上がるステージを尻目に頭をフル回転させて、「S(mile)ING!」なしの、例えば「流れ星キセキ」だけで終ることもありえるんだろうかと考え込んでましたが。いやあ、過去、ここまでセットリスト的に大橋彩香が追い詰められた事があっただろうか。まさにギリギリの、120%全力全開の、笑顔を失ったら途端に崩れ落ちてしまうんじゃないかという、「S(mile)ING!」でした。はっしー、コントロールを失うことはあっても力負けすることはない印象がある。それが、いわば島村卯月であることを維持するために全力全開で緊張というか感極まって泣き出しそうな自分に抗ってる感じで、あんな大橋さんを見れるということは極めて稀なんじゃないかと思います。

 何度も歌われて、最早ライブでの必要性も薄れたんじゃないかというソロの「S(mile)ING!」が、あそこまでの緊迫感と共に歌われるのを見れたという事。忘れる事のない思い出として自分の中に残ると思います。


 細かいことは、また後からいろいろ思い出しそうなんですが、例えば、ぴにゃこら太ってよく考えたらリボンついてるから女の子なんですかCV女性だしとか、あるんですが、この記事としてはこれで終わりたいと思います。ではでは。