ヒトコトP。可愛い曲に可愛いアイドルを合わせると可愛いという、幸福なサンプル。でも歌詞はデストロイ。



 ふらうP。9:02PM縛りでJAZZ。明るくもなく暗くもない涼しげな野外ステージと淡々と踊る美希が似合う。あと音源のドラムがでかいのがいいなあ。



 武蔵浦和P。曲名的に美希しかないだろうと。美希にこの曲なのか、この曲だから美希なのかはわかりませんが。いきなりイントロの泣きのギターが素晴らしい。アイマスとかけ離れた曲調ながら、ネクサスカジュアルの衣装がカントリーな空気と何故か似合う、不思議な仕上がりです。



 一一P。いちいちアイドルにピッタリな曲を見つけて来るから素晴らしい(^^;)。ロマンスなんて退屈、難しく考えずに何か始めてみたら?という。リズムとかアレンジとかさりげなくねじれてるのも楽しく、それを感じさせない飄々とした美希のダンスもうまいし。



 1076氏。美希派のようです。クーラーシェイカーとかいきなりサイケなリフが炸裂するし、美希には珍しいザラザラした質感の映像もかっこいい。まあ洋楽にはやたら強いのでロックもこなせるアイドルではある。



 α螺旋P。小松未歩。コメにあるけど懐かしい。一時期流行って廃れると、スタンダードに昔のものよりも懐かしく感じられたりするよね。いわゆる天才肌ではなくて、いろいろ試行錯誤してこのダンスになったんだろうなあというこだわりが感じられる動画で、整然とはしてないんだけど、無骨な魅力があるんです。ここぞという場面でのカット割にはグッとくる。



 しょじょんP。圧倒的なクオリティながら、押し付けるでもなく、ゆったりと進行して曲の良さをしみじみと感じさせる動画。捻じ伏せられました。



 ジャバラPカクテル単品。もう選曲で勝ってると。美希のために作られたようなかっこいい曲で、テーマの「猫」にもピッタリという奇跡のマッチングで(^^;)。動画の方も実写素材が絶妙のセンスでカットインされてていい感じ。



 ぐうりんだいP。ストレートなダンスPV。可愛いだけなら他のアイドルでもOKだと思うけれど、この甘さとしなやかな強さの両方をシームレスに見せられるアイドルとしての美希の強みというのがあるなあと。力押しでない素材の良さで見せる作品かと。



 赤ペンP。曲自体が、赤ペン先生の普段の言動的な世界観なので、解釈自体は難しくないんですが、この美希は飄々としてるようで、苦悩してますね。そこに百面相的にいろんな表情が被さって深刻そうに見えないところが凄くうまい。根っこのところでは彼女は変わらなくて。彼女が変わって見えたとしたらそれは貴方が変わったのかもしれない。