これは雑談なんだけれども。私は今、デレマスとミリマスと神撃のバハムートと戦国SAGAとガールフレンド(仮)と艦隊これくしょんをやっているんだけれども。基本的にはもううんざりしています。というか腱鞘炎じゃなかろかと。手首も指の間接も痛いんですマジで。

 それはそれとして。

 始まった頃のソシャゲってユーザーは使い捨てで、ゲームそのものも人気なくなったら終わればいいみたいな、先の事は考えずに数撃ってれば当たる、みたいなイメージがありました。その結果、幾つかのタイトルは実際に終了することになった。

 で、残りはだらだらと続けていくのかというと、まあバハムートなんかは実験場と呼ばれているくらい、常にいろんな試みをしては、うまくいかなかったら止める、を繰り返しているんですが、一方で、同じシステムで、うまく行ったシステムだけを後から追っかけている、戦国SAGAがあったんですけど、こちらの方が基本的な鯖の保守やイベントの運用からして危なっかしかったこともあって、継続が危ぶまれて結局、運営が子会社に変更されて継続、という格好になったんですが、その後も、ずっと運営は保守的だったんです。

 それが新年辺りから世界観を一新して、運用も少しずつ変わってきた。バハムートでも、同じ人物を何度も登場させて、キャラ人気を定着させて大河ドラマ的に動かしていくというのは早くからやってたんですが、SAGAのイベントは、もうずっと同じ主人公、同じ世界観で話を動かしています。イベント毎に新たな主人公、新たな世界観を軽薄に作っては使い捨て、というのを止めてしまった。

 まあそこまでは、ソシャゲも生き残るためにいろいろ考えてはいるんだなあ、で終わる話なんですけど。

 一旦、話変えるけどデレマスの4コママンガは、誰でも読める無料コンテンツで、バハムートもマネして4コママンガ初めて、一方でストーリーマンガまで連載始めてます。で、デレマスは更に不定期ながらショートストーリーをUPして、これまた誰でも読めるようにしてある。

 ミリマスも、ある日突然、ボイスドラマを始めて、これも無料で誰でも聞ける。一方でドラマシアターという新たな遊びも初めて、やっぱり無料ですよね。

 ここら辺までは、何だかわかんない事を始めたけど、まあ前向きに努力してるんだから良いことだよな、と漠然と受け止めていたんですが。

 ガールフレンド(仮)がですね、今のところ音声なしのショートストーリーですけども、ゲームの中でクエストやバトルを自然回復の範囲で行うだけでゲージが回復して続きが読めるという無料のコンテンツを始めました。

 で、話を戻すと、戦国SAGAも、新たな主人公と世界観を説明するための補足的な物語が、無料のクエストをこなすだけでどんどん読めるというコンテンツを始めているんですよ。

 気がつくと、私がやってる重課金ゲーとして知られているソシャゲが、悉く補完的な無課金コンテンツを伴う形態に変化してるんですね。まあ面白いかどうかはともかく、無課金でログインするだけで、なんやかんやすることがあるものになっているとは言える。これは一過性のものなんだろうか。私情弱なんで、何が起きているのかよくわかりません。

 まあ根本的にはこれらの重課金ゲーはユーザーを人間関係で無理矢理繋ぎ止めてるようなもんで、その積もり積もったストレスゆえに、一度ログインしなくなってしまうと見るのも嫌ってな感じにモチベが下がってしまいます。なので、ユーザーは切り捨てなんだろうなあと思って来たけれども、ソシャゲ衰退の昨今では、今いるユーザーをいかに繋ぎ止めておくか、という努力を今更ながら始めたのかなあと。そういうことですかね。

 艦これが、無課金無課金と大騒ぎされた影響かもですが、直接の関連は見えないのがあれです。


 特にオチはないですけども、ミリマスを今から始めようって人は、今の内に北沢さんのボイスドラマを聞いておくべきですよね。今はもう佐竹ちゃんのドラマが始まってて、あれ、古い物から消えていくみたいだから。