ラストです。まあ、ほぼ雑談。
歌のお姉さん : 復帰して早々あれなんだけど、僕ももう寝るつもりなんですが、春香さん誕生日おめでとう以外にやっといたほうがよいこととかあります?
技の赤春香: いえ、春香さんにメッセージをいただければそれでよいであります。
バキュラを抱いた渡り鳥 : 春香さんへのメッセージ、春香さんの魅力について、私と春香さんの関係について。春香さんは嫁ですか>募集要項
歌のお姉さん : 了解っす。
鬼軍曹 : はるちは という現象について一言欲しいかな
華麗なる黄春香 : わた春香さんの名前久しぶりに見た
歌のお姉さん : おおう。春地…
歌のお姉さん : はるちは…
力の青春香 : なんだかんだ、自分の言っていることやっていることに理屈は付けられますけれども、そういうものを越えて貫徹できてしまう思い詰め方というか感情というか、そういうものが、私と、動画作者であるニコマスPの間には横たわっている、という話でございます。
技の赤春香: ああ、なるほどね。>青春香さん
鬼軍曹 : 歌のお姉さんがいなくなるとはるちはのパワーバランスが拮抗する
歌のお姉さん : 春香さんとの関係:僕の765プロのアイドルの一人。嫁ではない。
春香さんの魅力:アイドルであること。今なおトップアイドルを目指していること。クッキー僕も食べたいです。
技の赤春香: 春香さんが千早さんにクッキーの作り方を教える日もくるよね。
歌のお姉さん : はるちはという現象:僕の千早にとっても春香さんは重要な人物ですが、千早はあげません。
力の青春香 : いりません。
歌のお姉さん : wwwwwwwwwww
歌のお姉さん : 冗談はともかく。
鬼軍曹 : わろたw
技の赤春香: ひでーw
歌のお姉さん : はるちはという現象がアニマスの事を指すなら。
IMR-765-S キサラギ : 俺が春香さんだ!状態w
歌のお姉さん : アニマスはああでしか描けないと思うので、少なくともP対千早みたいなゲームみたいな関係は描けないと思うので、千早を支えるのは春香さんでよかったと思うし、ああして支えてくれて感謝しています。
鬼軍曹 : 千早さんをどうにかするのがPではなく春香さんだ、というのもケースバイケースでアリって事ですね。
歌のお姉さん : はるちはは、アニマスや公式だけではなく、ニコマスや二次創作で得られた部分も大きいと思いますし、僕もそれにだいぶ影響されています。
歌のお姉さん : 春香さんだけに限らず、すべての765プロの子が好きだし、千早を支えたり、千早に支えられたり、よい関係を、よい影響を与えてくれて感謝しています。
歌のお姉さん : くらいかなあ?
鬼軍曹 : 千早Pの鏡やな・・・(涙
技の赤春香: 千早Pの良心と言う言い方をしたらいろいろカドが立つけど、そうよね。
歌のお姉さん : 春香さんへのメッセージ:お誕生日おめでとうございます。劇場版で、まだトップアイドルになっていない。まだそれを目指していると言ってくれたこと。すごくうれしかったです。
歌のお姉さん : 春香さんへのメッセージ:今後の活躍を期待しておりますし、僕もそれをPとしてもファンとしても一緒に見られたらよいなと思っています。これからもよろしくお願いいたします。
歌のお姉さん : 中村さんへ。早くご結婚とかのよい話を聞けたら嬉しいです。頑張ってください。
鬼軍曹 : おいw
技の赤春香: ww
バキュラを抱いた渡り鳥 : そこ足すんだw
歌のお姉さん : 以上です。ありがとうございました。
鬼軍曹 : 8888888
技の赤春香: ありがとうございましたー。
バキュラを抱いた渡り鳥 : おつー
歌のお姉さん : (ミンゴスの事は触れてはいけない)
IMR-765-S キサラギ : おつですわー
歌のお姉さん : あざっしたー。乙です。
鬼軍曹 : お疲れ様でしたー。
歌のお姉さんさんが退室しました
バキュラを抱いた渡り鳥 : すいません、おいらも寝落ちしかけてたのでおいとましますわ^^;
力の青春香 : こう、ニコマス見ていていろんな方の話を聞いていると、胸が痛くてかつ背筋が伸びる瞬間というのが、時々あるのですが、今がまさに、そうでした。有り難うございました。 >歌のお姉さん
技の赤春香: 時間も時間だし、ここで締めますか?
鬼軍曹 : 俺なんかだと千早さんは欠けた所が多いほど孤高のカリスマとして大成するんだとか思う無印Pの権化なので
力の青春香 : おつかれさまですー
力の青春香 : 皆様次第で
バキュラを抱いた渡り鳥 : 私と春香さんの関係:眺める人と眺められる人の関係、かなぁ
春香さんの魅力について:うん、わからん。
春香さんへのメッセージ:誕生日おめでとう。これからも、よろしく
技の赤春香: わからん言われたw
IMR-765-S キサラギ : www
バキュラを抱いた渡り鳥 : わからんもんはわからんw
バキュラを抱いた渡り鳥 : あとなんかあるかね?
技の赤春香: いえ、ありがとうございました。
バキュラを抱いた渡り鳥 : うい。楽しかったです。では、おやすみなさいませ〜
鬼軍曹 : お疲れ様でしたー
技の赤春香: おやすー。
IMR-765-S キサラギ : おやすみですー
力の青春香 : おやすみなさいませ〜
バキュラを抱いた渡り鳥さんが退室しました
(注:ここでキサラギさんも〆にするという発言あったはずだけど欠落しちゃってます、すみません。)
力の青春香 : おー
技の赤春香: どぞー。
IMR-765-S キサラギ : 春香さんとの関係:アイドルとプロデューサー…より一歩引いたぐらいの立ち位置?
春香さんの魅力:可愛い それに尽きる
メッセージ:今年も誕生日おめでとうございます もうここまで来たらドームライブまでお付き合いしますぜ
IMR-765-S キサラギ : こんなところかな?
技の赤春香: ありがとうございますー。
IMR-765-S キサラギ : あとアニマスでは千早を助けてくれてありがとう、と
IMR-765-S キサラギ : それではおやすみなさいませ〜
IMR-765-S キサラギさんが退室しました
力の青春香 : 一歩引いたぐらいの立ち位置、というのは、千早の場合もそうですか?
鬼軍曹 : お疲れ様でしたー
技の赤春香: おやすー。
力の青春香 : あ、すみません、もう締めでしたねw
鬼軍曹 : あっw
IMR-765-S キサラギさんが入室しました
IMR-765-S キサラギ : なんか聞かれたw
鬼軍曹 : 帰ってきたw
力の青春香 : ごめんなさいw
IMR-765-S キサラギ : 千早の場合はそれよりはまだ近いですかねー、とだけ
IMR-765-S キサラギ : ではではw
IMR-765-S キサラギさんが退室しました
力の青春香 : ありがとうございますー 
鬼軍曹 : じゃいつ〆てもいいように自分も出しておきましょう、テンプレに沿って
技の赤春香: どぞー
鬼軍曹 : 春香さんとの関係:765プロ所属の大切なアイドルのうちの一人。 春香さんの魅力:人の手の届かない、ユネスコ自然遺産のような尊さを教えてくれる。そこをアッピルしたいが難しい。 メッセージ:お誕生日おめでとう、春香さんが春香さんとして春香さんらしくあれるよう願います。
力の青春香 : 自然遺産w
技の赤春香: うんまあそれは。
技の赤春香: 無印の春香さんって、近いんですよね。だから男としては、そこで決断を迫られるところがある。
技の赤春香: 春香さんを恋人にしたければ、いつでもできるというのがあるんです。ただ、引き換えに仕事は辞める事になるけど。
鬼軍曹 : アイドルオブアイドルとして、そこに在るだけで癒されるパワーと、憧れに終わらない希望を与えてくれる存在だと思っています。しかしそれをコントロールするというジレンマは感じる。
技の赤春香: でも、それは当然、アイドル天海春香としては終るわけで、その先にも1つの幸福な未来はあるかもだけど、それでいいんだろうか、というのが、春香さんが可愛いなら、ある。
技の赤春香: 劇マスもそうだけど、そこで一歩引いて、彼女は何がしたいんだろう、と言う目線になるんです。
技の赤春香: その位置から何が見えてくるだろうかと言うと、やっぱこの子は、何か大きな可能性と共にここにいるんだなあという。
鬼軍曹 : やよいは無意識だけど、春香さんはある程度意識的に人を救う(ちょっと大げさ)という意識はあると思います。
技の赤春香: そこは、春香さん自体、救うという言葉は大げさかもしれないけども、わかってもらいたい、と思うからこそ、他人に対してもわかってあげたい、となるんだという、そういう人だと思う。
力の青春香 : そこに在るだけで癒されるパワー、ですか、ふーむ。
(注:ここで私、わけのわからない事言って綺麗に流されてますけど、春香さんでもホメ春香さんでもそうなんですが、常識の範囲つまり普通の女の子と思えばそうでもあるし、神様とか精霊とかの人を超越した存在にしようと思えばできる。で、どっちが正しいの? という問を立てても、理屈じゃないんですよねそこは。そういう深淵に、ひょいと踏み込んだので、ちょっと手を突っ込んでみたというところです。)
華麗なる黄春香 : 時間的には今日だけど、仕事だから〆にしようかな
技の赤春香: 黄春香さん〆ますか。どうぞです。
力の青春香 : じゃあ流れなので、その次は私が。
技の赤春香: はいです
華麗なる黄春香 : 春香さんとの関係:プロデューサーとアイドルの関係でいたいかな、今は。
鬼軍曹 : そういや俺の嫁とはまだ誰も言ってないなw
華麗なる黄春香 : 春香さんの魅力:可愛いアイドル、可愛い娘
技の赤春香: だって、春香Pとかそもそもここにいないわけで。
(注:多分、誰も嫁とは言わないだろうなと確信犯的に追加した問だったりする。)
力の青春香 : ブロリーPを呼んでくるのだ。 俺のヨメェ!
力の青春香 : ブロリーPの嫁はあずささんですがw
華麗なる黄春香 : メッセージ:誕生日おめでとう、春香。僕もまだまだだし、これからも頑張ろう。
鬼軍曹 : 888888888
力の青春香 : かっこいい。
技の赤春香: ありがとうございましたー。
華麗なる黄春香 : (裏で色々やっていて、あまり参加できず申し訳ないです。。。)
力の青春香 : おつかれさまですー
技の赤春香: いへいへ来てくれてうれしかったです。
華麗なる黄春香 : 青春香さんどぞ
力の青春香 : はい。
力の青春香 : ―婢瓩気鵑悗離瓮奪察璽
特になし。春香さんに対して個人的に呼びかけるという習慣は、私にはありません。今回、チャットの中でおめでとう、とコメントするつもりもありませんでした。
力の青春香 : ⊇婢瓩気鵑量ノ呂砲弔い
どこが魅力なのか、とあらたまって考えたことが、あまりないのですが。
⑴2次創作上の春香さん
表現のされ方、表現上で担う役割の多様さ、大きさ、重さ。その中から時に生じてくる強烈なパーソナリティ、存在感。春香というキャラクターに強く思い入れる表現者、創作者の存在。
⑵ステージ上の春香さん
単純にステージ上の姿と声に惚れています。そして、ステージ上に現れる姿の多様さ、大きさ、重さ……、上とおんなじになりましたね。
力の青春香 : ⑶無印の中の春香さん
心中に、一本筋の通ったぶれない芯を持った人間であるところ
⑷無印以外の公式に描かれた春香さん
各々が各々にしか担えない役割を担って、その総体として天海春香の物語を形成しているところ
こんなところでしょうか。
力の青春香 : ぜ分と春香さんの関係について
私は春香さんのファンです。従って、自称としては「春香ファン」と名乗ることにしていますが、他人様から認識・呼称される場合は「春香派」という呼称の中に括られるのが自然であると思っています。
力の青春香 : ステージの上、創作物の中の春香さんとの関係に関しては、上述の通り。画面を隔てて、あるいは観客席の後方から見惚れている、いち観客であります。
自分でゲームをプレイする場合はどうかというと、互いに他人だと思ってプレイしている、ということになります。ゲームが終わった後春香さんがどうするのか、私は関知しないし、責任を持つ気もありません。その代わりに、春香さんからどうも思われなくて構わないし、どう思われたいという感情もありません。
もちろん、春香さんとこんな風にお喋りできたら楽しいだろうな、みたいな夢想をすることはありますが、それはあくまで夢想で、私がアイマスにおいてやりたいと思っていることではありません。
力の青春香 : ソ婢瓩気鵑浪任任垢?
違います。
力の青春香 : 長文失礼しました。
と、これで終わるのはアレなので、ではメッセージを。
いつもありがとう。これからもよろしくお願いします。 
と、春香さんと、すべての春香Pに、言えることができれば。
力の青春香 : 以上です。
鬼軍曹 : 8888888888
技の赤春香: 書き溜めた長文びびったw ありがとうございました。
力の青春香 : いや、アンケート的に最初にみんな貼っておくものかと思っていたんですよw
鬼軍曹 : いろんな春香さんが居るんですもんね
技の赤春香: 勝手がわからないまま来る人には、こういうのがあった方が気楽じゃないかなと思ったんです>アンケート的なもの
力の青春香 : 私のブログでも、チャットありますねって記事立てようかと思ったんですが、昨日はちょっと肉体的にぶっ倒れていて駄目でした。参加できて良かったです。
鬼軍曹 : 最近こういうの無いもんね。あ、そんな事もないか
技の赤春香: 年度末の急がしい時に来てくれて感謝です。
技の赤春香: しかしどうあがいても4/3までに暇になるとしたら連休の今くらいしかないのでw
力の青春香 : 貴重なお話ができまして、感謝することしきりです。
技の赤春香: やよ誕始まっちゃうと、春香さんの話するのも難しい気がするし
力の青春香 : ζ*'ヮ')ζ  <そんなことよりもやし食べろ! 
技の赤春香: もやしはいい。もやしはいいね。ギャベツと豚バラがあれば更によい。
力の青春香 : のヮの<ああっ、私、キャベツとバケツを間違えちゃって……
鬼軍曹 : 箱版ではやよいは一時ダントツ人気だったからね、やよい派の座談会も興味あるなー
技の赤春香: バケツでもやし。もやし祭りができちゃいます。
力の青春香 : やよい派座談会、どんな面子になっているんでしょうね。
鬼軍曹 : 今は・・・誰が来るのか想像つかないな・・・かよーPとか来るのかな
技の赤春香: メンツ集めるの大変だろうなといつも思う>座談会
力の青春香 : ですね
鬼軍曹 : ニコマスとP編集部の有能さに嫉妬
力の青春香 : もう頭が回らなくてアレですが、春香さん関係で何か話が出来たらよかったけれど話題にならなかったようなことって、何かあるでしょうか。
技の赤春香: わっほいリレーションズの話があったけど、次にMA2で乙女大志、でいいんだよね。あれで春香さんは随分楽になったなと思った。彼女のマスターピースと言える曲だなと。
鬼軍曹 : I Wantはどう捉えましたか
力の青春香 : マスタースペシャルですね。
技の赤春香: 真も自転車で楽になった面があると思う。
力の青春香 : 楽になった、というのはなるほどですね。
技の赤春香: あ、スペシャルかw
力の青春香 : MA2だともう、2011年になっちゃいますからw
鬼軍曹 : 自転車なるほどね。あれは確かに
力の青春香 : 春香さんにはこういうのを歌わせればいいんだ、というものが確立されたターニングポイントである気はします。 >乙女大志
技の赤春香: Iwantは、公式がニコマスに繋がったという意味は大きかったと思うし、中村先生も楽しんで歌ってた感はあるけども。春香さんの代表曲とは言えないので、その時点ではまだ太陽のジェラシーが春香さんで、そしてあの歌は難しくて春香さんオンチの代名詞で、と。そこから抜けられなかった。
鬼軍曹 : 多様性を容認する姿勢として、早い時期にI wantが出されたのは大きかったね
力の青春香 : そして私はですね、いつか太陽のジェラシーで中村繪里子/春香さんがぐうとも言わせない未来が来るんだと信じて、で、別にそんな未来は来なかったので、乙女大志自体はもちろん好きですが、複雑な思いはありますw。
鬼軍曹 : 太陽のジェラシー素晴らしいと思いましたね。まだ箱が出る前に知って、アイドルマスターってシャレでやってんじゃないんだなと思いました。
技の赤春香: で、中村先生というか、春香さんは、歌唱力とか声量とかはそんなでもないけども、彼女の声は、良い意味で個性的で、あれはアイドルマスターというゲームを代表する声ではあると思っています。
鬼軍曹 : 俯瞰視点のスノッブさを感じないというかね、大真面目に、ある意味馬鹿な事をやる。そしてそれで壁を撃ち抜こうという姿勢は感動しましたですね。
技の赤春香: 太ジェラというのはとても変わった曲で、あれを春香さんにもってきた意図はよくわかるんだけども。その結果が良い方に転がらなかったのは残念な話だなあと。
鬼軍曹 : 昔の実在のアイドル歌手を知っていれば、その辺は大きな障害ではなかったです。春香さんいい声してると思ったし、確かに歌いづらくはあったかも知れないけどw
力の青春香 : 太陽のジェラシーというと、MA2にも新録で入っていましたが、お二人はあれは(あるいはMA2の春香全般を)どうお感じになりました?
鬼軍曹 : 僕はゲーム版のショート・バージョン、マスターピース版と言えばいいのかな。あっちの方が好みです。マスターバージョンは楽曲として完成していますが、余計春香さんが歌いづらいように感じました。
力の青春香 : なるほどー。
鬼軍曹 : ボーカルもショートの方がいい仕上がりです。と思います。
技の赤春香: 春香さん歌うまくなったなという感慨はありました。一方で、こういう芸風として完成したなとも思った。
技の赤春香: Iwantのころは、まだどこへ行くのかわからん感じだったけど、天海春香の歌い方はこうなんだなと。
鬼軍曹 : うん、段々中村さんと春香さんの像がかさなって行くのは感じましたね
技の赤春香: このね、鬼軍曹さんと私の意見が平然と真っ二つになるところがね。
力の青春香 : そうですね、こう、中村さんの癖とか芸風とかが明確に表出してきた感があって、で、自分で勝手に思い描いていた「天海春香の歌」とは違うと思ったんですが、そんなことを言ったってしょうがないので。
技の赤春香: あの佐竹ちゃんの歌い方が春香さんに似てるのも、口癖がわっほいなのも、謎なんだけど。

鬼軍曹 : 意識はしてないだろうけど似てるよねぇw
技の赤春香: 何か似るパターンがあるのだろうか。謎です。
力の青春香 : 私にはそれが、中村繪里子の歌に天海春香の歌が引きずり寄せられていく、と感じられたんですね。どうしようもない。 >中村さんと春香さんの像がかさなって行く
鬼軍曹 : そうねー、そういうとこはあるかも知れませんね。
技の赤春香: 私はニコマスから入ったので、中村先生の声に春香さんが縛られている功罪というのも思ったりはしました。
力の青春香 : まったく個人的なこととしては、赤春香さんの、そのデレマスやミリマスのアイドルを呼ぶ時の、名字か名前か、「ちゃん」付けか「さん」付けか、の区別がどうやって形成されてきたのか、興味がありますねw
技の赤春香: だから逆に、中村先生だってがんばっているんだなという感慨がある。
技の赤春香: 形成されてるようでいて、いい加減で統一されてないのが実情だったり。グリマス言ったりミリマス言ったりと同じで。
鬼軍曹 : なんかかっこいいので佐竹と呼び捨てです
力の青春香 : まあ、呼称ってそんなものですよね。
鬼軍曹 : 春香さんを天海と呼ぶのは木星さんくらいじゃないか
技の赤春香: 深い理屈はないです。世間にジョンはたくさんいるのでジョンと呼んだ方がいい流れでも、1人だけ苗字で呼ぶとかと同じようなもので決まってます。
力の青春香 : 私も、文章上でキャラクター名を書く時は基本的に感覚て書き分けているんですが、意識し出すと、自分で自分の基準がわからなくなったりします。
技の赤春香: 佐竹ちゃんは美奈子ですが、美奈子は大勢いるので佐竹はちょっと他に見ない苗字なのでそっちで呼ぶです。志保を北沢さんと呼ぶことが多い一方で、北上さんは紛らわしいので麗華さんと呼んだり。
鬼軍曹 : グリマスのキャラクタ間での呼称は今議論の対象になってますね。なぜジュリアはぷぅちゃんなのかとか
技の赤春香: ちゃんとさんは、かなりその時の気分ですねえ。
力の青春香 : はー、「ぷぅちゃん」ですか。
鬼軍曹 : グリマスにはドラマシアターというのがあるので、ノベマスならずともその辺に拘る方は多いです。
力の青春香 : そういえば、私がちゃん付けで呼んでいるアイドルは、「愛ちゃん」しか居ない気がするな。
鬼軍曹 : 口にした時の座りの良さってのがでかいファクターだとは思うんですけども
力の青春香 : ですね
技の赤春香: 特徴的なのは、私がやよいを、呼び捨てかやよいさんと呼ぶことでしょうか。
鬼軍曹 : やよいちゃんって呼ぶのはプロディエンヌさんくらいかもね
鬼軍曹 : 何故かは知らないw
技の赤春香: 無印メンバーでちゃんをつけるのは律っちゃんだけだな。
力の青春香 : ζ*'ヮ')ζ おう、誰に断ってちゃんづけで呼んでやがるんでい?
鬼軍曹 : 春香はいつから春香さんになったのか、というのも昔話し合われた記憶
力の青春香 : このチャット、「春香さん」について話すと掲げられていたので、「春香」や「春香ちゃん」とは関係ない話だと思って来なかったプロデューサーがいる疑惑。
技の赤春香: まず黒春香で後からゲーム始めたので自然に春香さんだったです。
技の赤春香: ああそうかもしれない。>さん限定
鬼軍曹 : 4Gamerの松PPさんが春香さんと呼んで、それが共感をよんでいたのは記憶にあるね
力の青春香 : 上の文章にはツッコミ所がありますね。「春香ちゃんと」呼ぶ「プロデューサー」などいるのか、という問題ですね。面倒くさいですね。
鬼軍曹 : 昔はいたね、07年。
力の青春香 : いたんですか。
鬼軍曹 : 居ましたね、その頃は春香と呼び捨ても多かったです
力の青春香 : まあ、今でも、プロデューサーなら「春香」と呼ぶものだろう、というのは、春香Pとしては王道ですから。
技の赤春香: 呼び捨てはともかく、ちゃんは知らないや。
技の赤春香: 矢吹ちゃんだけと違うかな、私がちゃん付けるの。他にいたっけ。
鬼軍曹 : それこそ愛ちゃんは
技の赤春香: いや他にもロリ組は割とちゃんだな。柳瀬ちゃんとか。
技の赤春香: 愛ちゃんはそうだった。
鬼軍曹 : 智恵理は名だと呼び捨てで、緒方だとちゃん付けな印象
力の青春香 : LTP記事ではわりと出てくる印象です >ちゃん付け
鬼軍曹 : やはり75調の魂がニポン人のソウルを揺さぶるのか
技の赤春香: 名だとちえりんですな。漢字難しい。変換できないですよ智絵里
力の青春香 : 以前にも言ったことがありますが、アニマスからの人で、ずっと「春香ちゃん」と呼んでいた人は一人見ましたね。26話の感想を見たら、「春香さん」に変わっていましたが。
鬼軍曹 : 普通に誤字りました。IMEだと学習させんの面倒なんだよw
鬼軍曹 : 26話に何が・・・
力の青春香 : 26話で、というか25話から26話までの年月の間に、心境が変化したんでしょうね。
鬼軍曹 : アイドルランク上がったんですね
鬼軍曹 : くだんの記事はこれですが、ここではSランクエンドを経て”春香さん”になっています。
技の赤春香: 佐竹ちゃん、横山ちゃん、なるほど、ミリマス組にちゃん付け多いな。矢吹ちゃん意外は無意識だな。
力の青春香 : そして、意識するとぎこちなくなるkamow
技の赤春香: ミリマスはPとしてどうこうという気が全くしないのでファン目線が強いんだろうなあ。
鬼軍曹 : モバマスはなんかあるんですか、そういうの。
技の赤春香: デレマスだとPがスカウトして戦わせてってな気分ですけど、ミリマスは自分たちで劇場し切ってやってる感じ。
鬼軍曹 : うん、それは思う。
力の青春香 : 私は、ブログでしばらくコミュとかアニマスとかを話題にして、春香さんを呼び捨てで記述する記事ばかり書いていて、ひょっとして私は呼び捨てで呼ぶようになったんだろうか、と一瞬思ったんですが、Reffi氏の無印春香さんのPVに言及した途端、「春香さん可愛い」と自然に書いていたので、そんなことはありませんでした。
技の赤春香: ミリマスはシステムが大雑把で、ゲーム内容が、自分がPなんだと思う部分があまりないんですのう。
鬼軍曹 : モバマスは育成も親愛上げも大変だしね・・・
技の赤春香: デレマスの方がね、アイドルのポジションがシビアなんですよつまり。ミリマスは安心なんです。ほっといてもいいなと思う。デレマスは、アイドルが一人前になったら嬉しくて泣いてしまうくらい、シビアな面がある。
力の青春香 : デレマスで、アイドルが一人前になったと感じるのは、どういう場面ですか?
鬼軍曹 : そういう意味では無印と通じるとこあるね。コミュニケーションもオフシーン中心だし。
鬼軍曹 : グリマスはガンガン仕事しちゃってますからね
技の赤春香: CDが出るときと、SRが出る時ですね。
力の青春香 : なるほど、デレマスのアイドルを語っている人の話を聞くと、そういう感じで語られていますね。 >CDが出るときと、SRが出る時
技の赤春香: つまり、ミリマスは全員SRになるし、全員CDが出る。デレマスは違うので。まあ2年経てば、ほとんどSRの順番は来てるけれども、最初の1年は、この子はSRとかならないまま忘れ去られるだろうという認識の子が多数いたので。
鬼軍曹 : キャラクタがどんどん増える事については何か思う所ありますか?
華麗なる黄春香 : お疲れさまでした。さすがに寝てましたw
華麗なる黄春香さんが退室しました
力の青春香 : 黄春香さん、おつかれさまですー
技の赤春香: 乙でしたー。
鬼軍曹 : そして3人が残った()
技の赤春香: そういうタイトルの洋楽のアルバムがありましてですね。
then3

力の青春香 : 何かほうぼうの動画で急に見慣れないキャラクターが出るようになったなあ、と思ったら、そっかー、この人は新しいアイドルだったのかー、ということは、定期的にありますねw >キャラクタがどんどん増える事
鬼軍曹 : スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペアーというのもありm
3ofap

技の赤春香: キャラクタ数が一定でなく増えていくので、アルバムを全部埋めるとか全員保存してもっておくとか不可能だなと、それは最初から思ってますので、最初に割り切らないといけないというのはありました。
鬼軍曹 : グリマスではキャラクタが増えないのがいいという声を良く聞きます
技の赤春香: そうですね。増えなくてもいいでしょうねほんとは。
力の青春香 : 時が経てば経つほど出演キャラクターが減っていくソシャゲが出れば、全パターンコンプリートですね。
鬼軍曹 : モバマスも最近はキャラクタにより接近したアプローチを取るように思っているので、いずれ増えなくなるかも知れませんね。
力の青春香 : たぶん961プロ所属設定なんだな。それで、何かイベントがあるたびに黒井社長がアイドルを追い出していく。
鬼軍曹 : 某Pさんが、まだモバマス初期の頃に、キャラクタがどんどん増えるので思い入れが追いつかないと言っていたのを思い出してね。
鬼軍曹 : そういうのもやっぱ、無印引きずってるのかなというね。
力の青春香 : 思考を切り替えないとダメだった、ってことですかね。 >無印引きずってる
技の赤春香: 同じキャラで違う絵柄を用意していくのか、新キャラを出すのがいいのか、やっぱ固定キャラだと盛り上げるのは難しいですね。しかしある程度盛り上がって、それでサービス終了です、次から新たなゲームを始めますでもいいかもしれないわけで。
鬼軍曹 : 思い出貯めてナンボというのが大きいのかも知れませんねー
鬼軍曹 : しかしモバマスもそういう方向に舵を切っていくんじゃないかと思いますね。最近は新エリアもホイホイ開放されないみたいだし。
鬼軍曹 : CD化とか新規SR化っていうのも、その方法論の延長線上だと思います。
力の青春香 : そこでsideMですね、わかります。 >次から新たなゲームを始めます
技の赤春香: もう2年もやったら十分なので、終るなら終るでいいんじゃないかという気もしますし>デレマス
技の赤春香: sideMは惜しかったですね。結局、いつ始まるんだろうかw。
鬼軍曹 : ご本家アイマスも、次のOfAをどう料理するのか楽しみです
鬼軍曹 : なんか漏れてくる情報見てると、みな無印時代に戻ったんじゃいかという印象なんだよね
力の青春香 : 俺、sideMにログイン出来たことあるぜ! と伝説になるゲームw
鬼軍曹 : そうした意味では2は明らかに下地となる知識がある事前提だったと思います。OfAが本当のリセット地点になるかも知れない。
鬼軍曹 : 今更それはねーか・・・アニマスもあったしな
力の青春香 : そうですね、OfAはアニマスありき、アニマス前提な印象です。
技の赤春香: あーいう、アイドルが大勢いてガヤガヤしてる空気も、アニマス以後なんですよねー。
力の青春香 : あれだ、繋がらないこと、しょっちゅう落ちることで有名だったソシャゲと言えば「艦隊これくしょん」。つまり、sideMはアイマスコンテンツの中の「艦これ」になる未来が約束されているんですよ。
技の赤春香: いや、DSが最初かな?
鬼軍曹 : アニメ化待ったなし
力の青春香 : ドラマCDとかがどうだったのか。私はよく知らないので。
技の赤春香: 元々デレマスもよく落ちていて、今あまり落ちないのが、すごくがんばってると言えないこともないので、sideMは初心に帰ったかなとw
鬼軍曹 : 企業としてその原点回帰はマズいんじゃw
鬼軍曹 : 失礼、へんなとこ押しちゃった。ドラマCDは昔から765勢全員集合的な感じでしたかね
技の赤春香: ドラマCDは、もっとこじんまりしてるというか。というか映像がないので、喋らないと誰が何やってるかわかんないというのがある。
鬼軍曹 : Pが喋った事もあって、かなりの衝撃を与えていた記憶
力の青春香 : ああ、>喋らないと誰が何やってるかわかんない
力の青春香 : 事務所の扉をガラッと開けたら十何人からのアイドルが一斉にばあーっ! というのは、やぱりアニマスからですよね。
鬼軍曹 : それはそうね。
技の赤春香: だと思います。
力の青春香 : つまり、今後のゲームのプレイヤーには、最低でも赤羽根Pと同クラスに仕事ができることが求められている、とw。
技の赤春香: デレマスのさっきの話に出た劇場拡大版では、いろんなアイドルが出たり入ったりでアニマスに近い空気があったけど、それをやるのは結局、すごく労力がいるんだなというか。
技の赤春香: アイマスの積み上げてきたキャラクターの厚みが、なんとなく全員いる、という状況を可能にしてるんですなあ。実際にプロデュースしてみるまで、何者かわからないんじゃなくて、全員知ってる中で、その1人と仕事をするという。
鬼軍曹 : 本来アイマスもスキルを上げて複数人ないしユニットをプロデュース出来るスキルが身につくっていう形ではあったんで、やはりゲームとしては赤羽根Pを育成するゲームだったと思いますよ。
力の青春香 : ノベマスでも、演出でどうにかたくさんいる雰囲気出したい、って試みをやる人は時々出てくるんですが、まあ、なかなか大変ですね。
鬼軍曹 : ソロで回すと難易度上がるから自殺行為とも言える
力の青春香 : 私はですね、無印プレイするのでも、三人で振り分けとか考えるのなんてめんどいから、ソロでいいや……と思うような人間なもので、いやはや。  >複数人ないしユニットをプロデュース出来るスキル
技の赤春香: テンション管理か。OFAはテンション管理どうなんだろな。
鬼軍曹 : ラブすねとかもう懐かしいワード
力の青春香 : 13人同時にご機嫌とり……やっぱり赤羽根Pは超人ですわ。
力の青春香 : そんなところで、いろいろ話を引き延ばしておいてなんですが、私もそろそろ。
技の赤春香: あの、Pが手一杯でアップアップしてて、それでアイドルをもっと信じて欲しいと、ある程度自立するようになって、最終的にはPなしでやっていくという流れが、必然ではあったけど、結局、アニマスの柱になったんだなと。
技の赤春香: はい。じゃあ〆ますか。
力の青春香 : はい。
技の赤春香: んじゃ、私が答えて終わりですね。
力の青春香 : はーい。
鬼軍曹 : はーい
技の赤春香: 春香さんがこれからも健やかで、周りからたくさんの良い影響を与えられて、また多くのものを周囲に与えて、みなの中で輝いていけることを祈っています。
技の赤春香: 私にとっては、遠くにありて想う存在でしたし、これからもそうなんだと思う。自分の中で女神と言えばそうだし、お姫様と言えばそう。近所の普通の女の子が、気がつくとシンデレラになっているような、そんな夢を見せてくれる存在です。
技の赤春香: 前後するけど、春香さんはいつも努力していて、辛いときも笑顔で乗り切ろうとして、だから努力している人を見守ることのできる人です。そばにいると可愛いんだけども、遠くにいても自分のことを忘れないでいてくれるだろうなと、そう思える。そういうところが特別だと想っています。
技の赤春香: そんなわけで嫁だと思ったことはないです。誕生日おめでとう。これからもよろしく。
技の赤春香: 以上ですー。
鬼軍曹 : 88888888888
力の青春香 : 有り難うございました。
技の赤春香: では、長時間お疲れ様でしたー。ありがとうございました。
鬼軍曹 : はい、今日はお招き頂き光栄でした。またこのような機会があればぜひにと思います。ありがとうございました。
技の赤春香: このチャットは一日くらいあけといたら誰か一言残してってくれないかなと思いつつ、この場はこれで〆ようと思います。
力の青春香 : 主催、そして長時間にわたってお付き合いしていただきまして、本当にありがとうございました。とても楽しかったです。
力の青春香 : では、お疲れさまでしたー。
鬼軍曹 : お疲れ様です、おやすみなさーい
技の赤春香: お休みなさいー。
鬼軍曹さんが退室しました
力の青春香さんが退室しました
技の赤春香さんが退室しました
のヮの<さんが入室しました
のヮの : |ω・)
のヮの : チャットのお知らせがニコマスブログアンテナで流れてきたのを見て入ってみたのですが、既に祭りの後でした。
のヮの : 入室しないと過去ログ見れない仕様になっているので入ったものの、ログの量が膨大でとても読みきれそうにないというw
のヮの : ええと、春香の誕生祝いということで。
のヮの : なかなか言葉が出てこないですね。
のヮの : ちょっと家族に呼ばれてしまったので、一旦失礼します。私がいると入室し辛いと思いますし。
のヮのさんが退室しました
歌のお姉さんさんが入室しました
歌のお姉さんさんが退室しました
のヮのさんが入室しました
のヮの : 寄せ書きということで、僭越ながらコメントをさせて頂きたく。
のヮの : >春香さんは嫁ですか
春香に限らず、アイマスの子達を嫁だと思ったことはないのですけれども。
沢山のアイドルがいますが、その中でも春香はアイマスとの橋渡しをしてくれる、
相棒的な意味合いでのパートナーといった感じです。
のヮの : >春香さんの魅力について
アニマスの春香はまるで天使のように良い子過ぎる、っていうような評が
はじCさんの記事だったかどこだかであった気がしますが、
自分の中ではそんなに違和感がある程の違いはないと思っていて。
のヮの :
自分を抑えてでも相手の気持ちを尊重するというか、慎み深いというか、
そういう所に自分は惹かれていたような部分はあるような気がしています。
のヮの :
ただ、かつて自分が春香の魅力に感じていた要素が、
今は逆に彼女を縛り付けているのではないかとも感じます。
のヮの :
今後アイマスが続く限り色々と重いモノを背負わされ続けてしまいそうな気がしますが、
できることならそういうしがらみから解放された春香の個を見たいというか、
もしくはもっと他の皆に頼る春香を見たいと思っています。
のヮの : >私と春香さんの関係について
ものすごく冷たい言い方をしてしまうと、
アケマスor無印における春香ランクAエンドがなかったら
私は春香のことに気付くこともなかっただろうと思います。
それはそのままアイマスについても言えることで。
のヮの :
実の所、時間が経つにつれて
初めの頃に春香に対して抱いていた感情がどんなものだったのか
だんだん記憶が薄くなってきてはいるのですが。
のヮの :
ただ自分の中で春香とアイマスは切っても切れない関係ですし、
この先決して忘れることはないでしょう。
のヮの : >春香さんへのメッセージ
まずは何より誕生日おめでとう。
春香が頑張っていく限り、これからもずっと応援していきます。
願わくば来年も同じようにこの時期を迎えられますように。
のヮの : ということで、失礼しました。ゆっくりとログ拝読させていただきます。
のヮのさんが退室しました