Augenblicke

主にニコニコ動画のアイドルマスターMADについてのよしなしごと。

紙芝居・描いてみた系

紙芝居・描いてみた系 7/20〜9/25


 あみきち。Pのはるゆき。歌ってみたもやってて、Pタグ開くと賑やかです。はるゆきならではというか、このPさんの春香さんは男前ですよねえ、雪歩はとても可愛らしい。



 いちはP。なんでしょうね。えろいんですけど、いい。



 ID:1638737(RC) 、S子氏。40秒にこれだけスパッと物語を詰め込めるのが凄いというか曲にもよるんだろうけど。サムネとか素晴らしいセンスですよね。どんくらい手間かかってるんだろう。



 ツブウニP。どういう世界観なんだかわからんけど、なんとも切なく可愛らしい、もうたまりません。



 遠心力P。愛ちゃんは可愛いです。真理です。涼ちんはぎゃおん砲。



 ベタ塗りP。なんという「みなみけ」。すんごく癒されました。



 ジェットPです。こういう動画は長く残しておいていただきたいものです。素敵です。



 saniP。えろくない、普通にコメディで勝負しているsaniPです。もともとうまい人ですから、素晴らしいです。涼ちん縛られてますけど。



 下風ゥP(なんて読むんだろう)。最近話題の人。とぼけた味わいというかさりげない毒と言うか。不思議なセンス。



 番茶P。音源は かまおPの歌ってみた。小鳥さんの過去話とほっこりするラスト。素敵な紙芝居でした。


紙芝居・描いてみた系 5/08〜7/03


 あみきち。P。この柔らかい絵柄でここまでアニメさせるという勢いに打たれます。このまま完成とかしないでどこまでも勢いで進んで欲しい感じ。



 こみゃーP。曲がとってもひねりの利いたもので、それに合わせて立ち絵が口パクしてるだけですけれども、曲の良さを存分に活用しているとも言えます。参りました。



 ペンタP。どうしてこうなったし。しかもなんだかイイ話だし。



 ぐっさんP。直球。



 百合根P。音源はアイマスレディオより。メンバーはSPの月組。実にバランスの優れた癒しな…ちーちゃんそれは卑怯だ。



 かたくりこP。冒頭に出てくるのが、たくさんの新しい"上質紙"と"マーカー"。その意味がわかるにつれて恐ろしくなってくる手描きアニメ。負けました。



 かたくりこPの2010律誕動画はどれも語り継がれて然るべきだけど、中でも上のと、このYuPとの合作がすさまじかった。



 かたくりこP&フレンズ、という感じでマジに合作で愛があって楽しい。



 柏城Pの動画はいろいろ見れなくなっちゃったけど、これとか「タイル」とかまだ見れるのは嬉しい。Pタグついてないのは意図的なものでしょう。



 投稿者の名前欄も空白の人。サムネホワイトホールとはよく言ったもので、このサムネでこんだけ伸びたというw。もしかすると、誰かの別名義かなあとも思わないでもないけど。ともあれ、良いものです。


紙芝居・描いてみた系 03/18〜04/28


 かたくりこPは昨今あまり貼ってませんが、クオリティーというか下着のリアリティとかカオス度とかいうのは安心のレベルでありますが、あえてマイリスしたのは要するに春香さんの出番がたくさんあったからですね、わかり易い話だ。雪歩は真の前で自分の胸をヒンソーだとか言えるんだろうか。言われた真はどう受けるんだろうか、というのは765プロでは割と定番ネタだろうか。



 ティルムP。見た目そのまま可愛いだけの動画。ニコニコ動画ってこれでいいんだよなと。いやMSCにこういうのが出たらどうなるのかちょっと見てみたいとかは思う。



 とばトP。曲に合わせた紙芝居で、基本、やよいが可愛いのだが、すぐそばにPがいて、2人で絵になるところを丁寧に描き出しているので物語としても一本筋が通ってる。やよいが背伸びしてる足首だけの絵とかあって、背伸びしている彼女の前にはPがいる、そういう流れとかうまい。まあ、もっと伸びてもいいというか、上の動画と比べるとなかなか思うところもあるかも知れん。一般的にはPなんていない方が受けるんかなあ。



 ジョーバPのガチ律ちゃん、というか手描きガチPV。曲はガンダムだけど、律子のセリフを挿入したりして、そこでも口パクを丁寧に合わせたりしてて、しっとりと染みます。



 ハトまめP。ずっと待ってた後編ほぼ一年越し。なんというか、可愛いそして、みなフリーダム(^^;)。苦労の跡が見られます。続きありがとう及び完結おめー。



 柏城P。ZAZEN BOYS。なんとなくここに入れてしまったが、実際はシルエットとモノクロ素材と静止画がブレンドされてて、はっきりどういうジャンルと言い切れない動画。音楽とのシンクロを見てる分には凄くかっこいいのだが、一枚絵として切り出すと終始一貫カオスにしか見えないと、そういう意味では曲の世界をしっかり表現した結果こうなわけで、尖がってるよなこれ。



 遠心力P。只者ではないと思っていたが、まさかここまでクレイジーなPだとは、という衝撃の1作。本家くらふと氏の動画と合わせて2010上半期の台風の目はこれでしょう。そもそも、本家以外に誰がここまで無茶するとw。伏兵も大概である。ダンスの振り付けとか、元ネタを参考にしてはいるんだけど、パロディとしてもアレンジされていて、トレス動画とは一線を画する。また有名な回転寿司に対抗してベルトコンベアで流れる寿司ネタを映像化したのも今後流行ったりはしないだろうけどうまいしw、遠心力Pのトレードマークである、加速回転も忘れない。比較動画もリンクされてます。



 ズブロカP。ボカマスで何歌ってるのか聞き取れないのだけど、調べたところ内容は 阿久女イクを使うにふさわしいもののようです。なるほど中盤の映像はそういうことかと思うのだけど、でも可愛いのう、可愛いのう、が先に来てしまうw。あと、エロイだけではなくて元ネタに対してオチをつけてあるのは、作者の良心なのだなあと。



 ちつぷP。かわいくてたまらんのと、曲がロックでもしっかりシンクロさせるのと両方、という、しかもアニメだしと。やれと言われてほいほいできるもんじゃないことをやってみせている素晴らしさ。



 べろちょろP。一見、ちまちまっとした絵なんだけそ、顔のパーツだけで表情作るんじゃなくて、デフォルメ絵なのに体全体で絵としての見せ場作ってて、そういうキメカットが1枚や2枚じゃないという、奇跡のような動画。このレイアウトセンスというかカメラアングルは凄い。同じクオリティでもう一度やれるのかと思ってしまう。手描きの人たちって、基本、絵をblogやpixivとかにうpすることで完結できるので、動画としては続かない人が多いというか、まあ労力考えれば当然なんだけど(^^;)。それがどうしたかというと、続かないと忘れられることになったりするんですが、この動画はちょっと忘れちゃいかんだろうと、そういう気分になったりするわけです。いやpixivで人気のある絵師さんたちは、そっちで有名になるからいいのかとも思いますが。このPさんはどうでしょうね。


紙芝居・描いてみた系 09/11/27〜10/03/17


 処女作らしいですが、白黒のイラストに、滴の音に合わせてポタポタと色がついていくのが美しい動画。こういうのは発想と技術の幸福な出会いの結果であって、量産できるものではないと思います。それだけに貴重。



 YuP。独特の絵柄で、正統派の方向に行くのかと思ってましたが、どんどんピーキーな側に進んでおられるようで(^^;)。まあ作者自身が楽しいならどっちでもいいんだけどw。



 鉄仮面じゃない方の 真樹翔P。描けない詐欺とのタグがついてるけど比較動画sm9332649見るとなかなかどうして再現系だという異次元の作風。オチの「鈴をつけたら」が見事。セカチャクも完走したので許して上げてください。



 あみきち。P。「リンリンシグナル」は下田さんも歌ってますが、名曲。レイアウトがうまくて線も丁寧。描き込みとか造形力よりもトータルでの演出力がうまいので安心して見れます。素晴らしいと思う。



 みそPの手描きMAD。選曲はベナッティP。サムネだとよくわかりませんが、魅力的な絵をうまく見せてます。色も枚数も抑えて構成しているので荒っぽくはありますが、それも含めて みそPのリズム感だと思う。



 友P主導、かみたP、やなぎP、備前焼Pが加わった合作。「君望」の中のエピソードとして存在する絵本なので、可愛らしいけれども重いテーマ。でも、この可愛らしい絵だからこそ訴える力もあるわけで。原作知ってると涙なしには見れないんだけど。どうなんだろう、知らない人が見ても、伝わるよねきっと。



 ふよぅ〜P。はるちは。物語的にも構成的にも直球なのだけど、それだけに1つ1つのカットにありったけのエネルギーが注がれてるのがわかるし、だから後半の春香さんダッシュのアニメが生きる。良いものを見せてもらいました。



 かまおさん。これもシンプルながら重いテーマを"ちびほ"に託した、想いの詰まった紙芝居。笑顔の「ありがとう」が重く、力強い。こういう雪歩は、公式で割と浸透してはいるけど作品としては少ないと思う。いい。



 十字Pのなんと手描きMAD。YMCK。優しい食卓を描くのは、単純だからこそ難しい。身近な日常はリアルとフィクションの間で揺れ動いて不安定。ゆえに、こんなテクノなアレンジでPOPにしたりとか工夫がいる。その工夫にあえて手描きで応えたのは作者の心意気だと思う。やよいを描いたのでなく、高槻家を描いたのが凄いし、やよいが何故がんばれるのかも、作者にはわかってるんだろう。



 つぶうにP。この小鳥さんというかピヨ子の絵だけで勝ってると思うw。料理風景とか適当なキッチンと「じゅ〜」だけでなんとなくわかっちゃうのがいいw。後半の765プロの面々も、よく見ると無茶苦茶なんだけど、妙に説得力があって素晴らしいとw。↑もそうだけど、生活が描ける人って凄いね。


紙芝居・描いてみた系 09/30〜11/15


 RED.P。発想と実行力。配役。全てが絶妙。まあ元ネタ知らないと何だかわからんかもしれないけれど。音楽は映画版から?それっぽいけどはっきり覚えてない。



 森キノコP。歌詞に沿った紙芝居なのだが。伊織と貴音のマジっぷりと、飄々とした ののワさんが出会って起こすケミストリーがすさまじい。ののワマジックである。



 柏城P。ここを基点として歌詞どおりにリレーしてループした動画たち。この動画見て、なんだかわからないけどこれは凄いと思ったし、動画が繋がり出した時は、そう思ったのが俺だけじゃなくて良かったと、ただ思った。



  #0000ffP。青Pと呼ばれているが、作者コメによるとブルーPということになるのか? アイマスレディオのラストCDになる「LONG TIME」からの曲。エロかっこいい。特にベロ出してる千早がたまらん。



 カコP。傑作しか作ってないような気がして恐いw。eufonius。多くを語らない自然な紙芝居。


 カコPその2。春香さん飛んできて頭から着地。それだけでもうハッピー過ぎてクラクラって来ちゃうw。春香さんはなぜこうまで限界と言うものがないのだろう(^^;)。



 GateP再up。物語性という意味ではいちばん明快でわかり易いと思う。そして衝撃だった。



 ういすぱーP。サムネだとインパクトないかも知れないけど、とろけるように甘い。ちょっとえろい。サプリPといい、美希はどうしてここまで甘い動画が生まれるのだろう。



 あかいしP。期待通りの吸引力。ガリおいしいよねガリ。



 亜美真美のカバー曲ですが。やなぎPはどれもいいけど、それでもこれは素晴らしいと思う。この発想にしてこのオチ。ニコマス史において、未だ誰もやったことがなかったことに愕然とせざるをえない。