自民党の園田博之前幹事長代理は3日午後、熊本県山都町で開いた自身の国政報告会で、今後の政治行動について「少人数でもいいから、別の党をつくってなるべく多くの人たちを吸収して、左右から挟み撃ちにして、民主党をやっつければいい」と述べ、離党届を出した与謝野馨元財務相とともに新党結成を目指す決意を表明した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

防犯カメラ設置で痴漢被害半減…JR埼京線(読売新聞)
「あだ討ち」正当化、謝罪なく=小泉被告-元次官ら殺傷(時事通信)
2014年に読売新聞社が新社屋(読売新聞)
【探訪 企業ミュージアム】サクラクレパス サクラアートミュージアム(産経新聞)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)