金融庁は16日、株式の公開買い付け(TOB)情報を公表前に入手し、不正な株取引で利益を得たとして、金融商品取引法違反(インサイダー取引)で税理士や信金職員ら4人に対し課徴金納付命令を出した。証券取引等監視委員会の勧告を受けた措置。課徴金額は自営業者が1127万円、税理士が14万円、信金職員が101万円、会社員が85万円。 

【関連ニュース】
特別顧問に高木元金融庁長官=アフラック
薬のネット販売など重点項目に=農協関連も対象
リンク・ワンの処分勧告=有価証券報告書の虚偽記載
企業統治で制度強化=独立役員や報酬開示を義務化へ
保険会社の健全基準を厳格化=12年3月期から

<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会(医療介護CBニュース)
「ドウシシャ」 所得隠し9000万円(産経新聞)
空自緊急発進299回…最多は露機の197回(読売新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)