顧客の脱税を指南したとして所得税法と法人税法違反の罪に問われた東京都千代田区のコンサルタント会社「セントラル総合研究所」社長、八木宏之被告(51)の初公判が14日、さいたま地裁(井口修裁判長)であった。八木被告は「(脱税の)認識はなかった」と起訴内容を否認した。

 起訴状などによると、八木被告はセ社の顧客でゴルフ練習場経営の男(72)と共謀し、男が所有する土地と建物を売却。利益を少なく見せかけて確定申告をし、07年分の所得税約3403万円を免れたなどとしている。

 八木被告はベストセラー本「企業再生屋が書いた借りたカネは返すな!」の著者。

 八木被告とともに所得税法違反罪などに問われたセ社元取締役(54)ら4人は起訴内容を認めた。【平川昌範】

【関連ニュース】
キヤノン工事脱税:大光前社長の腹心 被告に実刑判決
キヤノン工事脱税:大光など3社に罰金2億5000万円
防衛脱税:秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」
脱税容疑:弁護士が所得税5000万円 名古屋国税局告発
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監

茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
牛丼店に強盗、8万円奪う、革手袋にはどくろマーク(産経新聞)
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
過激な性教育への歯止め削除 男女共同参画中間案、福島氏の意向色濃く(産経新聞)
<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)