京都府の山田啓二知事(55)は4日開会した府議会本会議で、4月の府知事選に3選をめざして立候補することを正式に表明した。政党推薦を受けず、無所属で出馬する予定だが、府議会与党会派の自民、民主、公明などが支援する見通し。山田知事は「これまで以上に大胆な改革を進め、地域主権時代にふさわしい活力ある京都を築きたい」と語った。

 知事選には共産党などが支援する京都民医連第2中央病院長の門祐輔氏(54)も立候補を表明しており、2人の一騎打ちになるとみられている。

 山田知事は、副知事などを経て平成14年の知事選で初当選、現在2期目。

【関連記事】
国・地方協議の法制化で初会合
関西広域連合設立「非常に厳しい」 橋下知事がボヤキ
「3空港戦略会議」設立で合意 大阪、京都、兵庫の3知事
和歌山の仁坂知事 再選出馬へ  
長崎知事選 会社役員の山田氏が出馬へ

橋下知事2年、本紙意識調査 年長者に圧倒的支持 公務員には不人気(産経新聞)
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟-新潟(時事通信)
寛仁親王殿下、不整脈でまたご入院(産経新聞)
<薬事法違反>容疑でタミフル輸入代行業者ら逮捕(毎日新聞)
神奈川県警の不正経理、国費含めて14億円(読売新聞)