内閣府、警察庁などは6日、10年春の全国交通安全運動を始める。15日までの10日間。「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本とし、(1)シートベルトやチャイルドシートの全座席着用徹底(2)自転車の安全利用(3)飲酒運転の根絶--を重点に掲げる。警察庁によると、若手社会人による街頭キャンペーン(宮城県)、幼稚園児と保護者を対象にした交通安全教室(富山県)などが各地で予定されている。

【関連ニュース】
交通安全講習:受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け
押切もえ:恋も“押し切り”ます」片思い告白 一日原宿署長でピーポくん出動
だいじょうぶキャンペーン:全国に広がる輪 地域みんなで学ぶ
自転車安全運転:鶴見辰吾さんら訴え--渋谷駅など /東京
散歩道:交通安全キャンペーン--結城 /茨城

シー・シェパード元船長、傷害罪でも起訴へ(読売新聞)
屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行-神奈川(時事通信)
子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)
<犯罪加害者家族>全国調査 3人に1人「うつ傾向」(毎日新聞)
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査(医療介護CBニュース)