全日空は17日、グループ会社「エアーニッポンネットワーク」が運航する「ボンバルディアDHC8―Q300型機」3機で、本来は必要な部品の点検・交換をしないまま、飛行時間を1200~1900時間超過していたと発表した。

 点検・交換を怠っていたのは、プロペラの角度を変える「アクチュエーター」とプロペラ内部のオイル配管。いずれも1万500時間ごとに点検・交換が必要だったが、同社が2001年以降に機体を就航させた際、コンピューターへの点検期間の入力を怠っていたため、超過が見落とされていた。

 1月下旬頃、羽田空港に駐機していた1機の右翼部のアクチュエーターからオイル漏れがあり、予備の部品を注文したところ、部品を検査する部署の指摘で見落としが判明した。

ジャンボ機墜落施設を視察=稲盛会長ら新経営陣-日本航空(時事通信)
万引止められ、警備員を転倒させる 容疑の中3逮捕(産経新聞)
五木寛之さんが直木賞選考委員辞意(時事通信)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
ナマコ密漁船、370キロ逃走…海保6時間追跡(読売新聞)